お買い物中毒で今月もピンチ…!浪費癖を治す方法

LIFESTYLE

欲しいものが尽きなくて毎日毎日お買い物をしてしまって貯金ができない人、
毎月給料日を待ち遠しく思っている人ってたくさんいますよね!
気づいたらお金がなくなっている…なんてことにならないように
浪費癖を治す方法を紹介していきたいと思います♪

<はじめに>自分に浪費癖があることを理解する

実はお買い物中毒な人って自分が浪費癖があることを、気づいていない人がおおいんだとか!

毎日ショッピングに行かなくてもスマートフォンやパソコンなど、ネットショッピングで何でも買うことができちゃいますよね。
簡単に買うことができちゃうからこそ、気づいたら貯金がゼロになっている、なんてことに。

欲しいものがあったら値段に見合わないものでも買ってしまったり、カードで分割で払えばいいや、などと思っていませんか?

浪費癖のある人は、「我慢ができない人」とも言えるので、自分に浪費癖がないかどうか確認してみることが大切ですよ♪


浪費癖を治す方法①生活習慣を見直す

お買い物中毒の人の生活習慣は、決して「良い」と言えるものではないんだとか。

自分の部屋がきれいに整頓できなくて散らかっていたり、暴飲暴食を繰り返しいつの間にかぽっちゃり体型になってしまったりと、だらしないことと浪費癖があることは近いものがあるんだそうです。

生活習慣を見直すことで浪費癖が治ることもあるので、まずは生活習慣から改善していきましょう♪

浪費癖を治す方法②よく考えてから購入する

お買い物に出かけたり、ネットショッピングをしているときなど、欲しいものが見つかったらすぐに購入してしまうのではなく、一度立ち止まって今本当に必要なものかを考えることが大切になります。

欲しい服があったらクローゼットにあるものと合わせられるのか、化粧品が欲しくなったら、同じような色のものが家にないかなど、頭で思い浮かべてみましょう。

よく考えたけどやっぱり「欲しい」と感じたら、その場では買わずに一週間後に買うようにします。
そうすることで「欲しい物」ではなく「必要な物」かどうかを冷静に判断することができますよ♪

浪費癖を治す方法③必要な分の現金だけ持ち歩く

お買い物に出かけたとき、買わないものを決めずにふらふらしていると、思った以上に買ってしまうということって多いと思います。

必要以上に買ってしまった!という失態を防ぐために、必要な分の現金だけを持ち歩くようにしましょう。
また、クレジットカードを持ち歩くのもNG。

現金がなくなったときにクレジットカードを使ってしまうケースは多いんです。
そんな事態をさけるためにも、買おうと決めた分の現金だけを持ち歩くようにしましょう。



いかがでしたか?浪費癖がある人って意外と自分では気づいていないことも多いよう。
お買い物中毒であることをしっかりと自覚して、無駄遣いをしないように頑張りましょう♪