#キスから始まる恋がある『東京で恋をすること −TokyoCircle- #6』

東京ではたくさんの人間関係が交差して、絡まって、
大きい一つのサークルみたい。

今すれ違ったあの人は、昔好きだった人だった。
隣のあの子は、わたしが好きなあの人の元カノかもしれないし。

いつも“どきどき、 キラキラ、わくわく”
だけじゃないけれどそれでも恋するのがわたしたち。



騒がしい東京の20代恋愛事情を
#うそつき恋人 #いじわる片想い #さよなら失恋
#なおんなのこ #なおとこのこ
などのテーマ別に毎週更新でお届けします。

どこからが恋?

♫今週のBGM
Kiss It Better/Rihanna

恋のはじまりがどこか、
忘れちゃったおとなはたくさんいる。
’’好きってなんだっけ?’’
って気持ち。
最近よく耳にする言葉。

ああかっこいいな、から?
ああ優しいな、から?
ああ尊敬できるな、とか?
恋のはじまりの気持ちなんて
どうやっても定義できないし
どこにも正解は書いてないし、
他人と感覚を正確に共有することは
ほぼ無理。
だから、
どの瞬間がはじまりなのか、
どこからが恋なのか、
それって本当のわからない。

恋多きおんなのこ

恋多きおんなのこのMちゃんは言った。
「いいかも、も恋でしょ。
 きゅんってする瞬間がひとつでもあったら
 それは恋。
 だからわたしは今も何人かに恋してるよ!」

’’何人かに恋してる’’
が、感覚的にわからなかった。
昔ならもしかしたら、
「そんなのちゃらいよ!」
と一蹴していたかも。
でも自然と口から
「いいなぁ、たくさん恋できて」
とこぼれてた。

どうしてこんなに、恋に落ちづらいんだろう?

周りの男性たちに、
もっと勢い良くわたしを恋の落とし穴に落としてよ、
とでも言いがかりをつける日さえ遠くないかも。
わたしがきゅんとするのはいつ?
どんなとき?

エピソードの存在

過去に恋に落ちた瞬間を思い返してみた。

電車が通り過ぎる踏切越しに見える彼が、
少し恥ずかしそうに目を合わせて
手を振ってくれたときの笑顔。

わたしの頭に彼が手を乗せて、
「大丈夫?」と聞いてくれたとき。

泣くのを我慢していたら何も言わずに手を握って、
そのまましばらく一緒にいてくれたとき。

「この曲はどうしてこんなに哀しいんだろう?」に
「俺も同じこと思ってた」と答えてくれたとき。

どの恋も、
エピソードから始まってる。
そう、
この人はすごいお金持ちだから好き!とか
この人はすごいかっこいいから好き!とか
そういうんじゃなくて
エピソードが重要なんだ。

このエピソードが心の琴線に触れるかは
その人次第、
タイミング次第。

キスから始まる恋がある

だから、
キスから始まる恋もある。

不意打ちにされたキスが、
長く続く恋愛のきっかけにもなる。

おとなだから起こりうる、
キスから始まる恋。

どこで恋に落ちるかさえ、
運命である程度決まっているように思う。
キスひとつとったって、
それはひとつの恋の終わりにも
ひとつの恋の始まりにもなりえるから。

恋愛 恋人 キス いじわる片想い

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

一木美里

一木美里 Misato Ichiki
歌手/DJ/SamanthaThavasaGroupブランドレップ/コラムニスト
198…

>もっとみる