雑誌連動

ゴールはすぐそこ♡彼に結婚を意識させる恋愛テクニックとは

♡4MEEE magazine Vol.2 p.76〜 「最高の結婚式をするために必要な準備って何ですか?」

「彼とのお付き合いは、楽しいけれどなかなか結婚につながらない。」と悩む方も多いでしょう。
「今度こそ、彼に結婚を意識させたい!」と願う女性に向けて、彼に結婚を意識させる恋愛テクニックをご紹介します。

彼に結婚を意識させる恋愛テクニック① 「会うのは週1回ペースが理想」

「最低でも、週に3日は会いたい。」なんていうのは、付き合いたての時だけ!

長くお付き合いをして彼に結婚を意識して欲しいのであれば、彼があなたに抱くトキメキを継続させることが大切です♡
毎日のように顔を合わせているのでは、彼があなたに対して抱くトキメキが薄れていってしまうのは目に見えていますよね。

そうならないためにも、週に1回のペースでデートを重ねることが理想でしょう。
例えば週末に彼の家に泊まるというスタイルを定着させると、一週間のリズムにあなたとの生活が組み込まれるので、おすすめのテクニックですよ♡

彼に結婚を意識させる恋愛テクニック② 「すぐに同棲しない!」

お互いに大好きだからこそ、付き合ってすぐに同棲を開始させたくなってしまうもの。
それに、同棲をしていれば毎日の生活を共にしているので、結婚生活を疑似体験することができ、結婚に一歩近づいていると思ってしまいますよね。

しかし、同棲生活がキラキラと輝かしく思えるのは、初めのほんのひと時だけ!

お互いの生活に対して飽きがきてしまう可能性があるので、結婚の話を進めたいのであれば、同棲をすることはやめ、結婚が決まってから一緒に住む家を探すようにしましょう。

彼に結婚を意識させる恋愛テクニック③ 「彼に連絡をもらえるように仕向ける」

週一ペースでのデートを定着化させると、たくさん会いたいと思っているあなたは、少し寂しさを感じてしまいますよね。
「会えない間は、彼とたくさん連絡を取りたい♡」と思うのは、実は女性側だけのことが多いので要注意!

男性にとって、連絡を取ることは必要性提言の連絡事項だけと考えているケースが多いので、この価値観の差をまず理解することからはじめましょう。

ベストなのは、彼から連絡をもらえるように仕向けること。
出勤中やお昼休みなどにあなたに連絡をすることが定着すれば、彼も苦だと感じることなく習慣化してくれるはず。

もしそれでも連絡がこないのであれば、彼は忙しいということ。

このタイミングであなたからしつこく連絡を入れてしまうと、彼に厄介だと思われてしまう可能性もあるので、気をつけましょう。

彼に結婚を意識させる恋愛テクニック④ 「初めから“結婚前提の交際”であることを強調する」

男性が恋愛で一番気合が入るのは、あなたに交際を申し込む時です。
スタートを重視する男性に対して、曖昧な返事のままお付き合いをスタートさせてしまうのはNG。

あなたが結婚を意識したお付き合いをしたいのであれば、彼の気合が入っている告白のタイミングで、きちんと意思表示しておくことが大切です!

「結婚を考えている人としかお付き合いができない。」ということや、「次に付き合う人とは、結婚したいと思っている。」ということを、交際を始める段階でしっかり強調しておくことが大切です。

彼に結婚を意識させる恋愛テクニック⑤ 「友達など周りを巻き込む」

彼があなたと結婚する気がないと思っているのは、あなたの勘違いかもしれません。
もしかしたら彼は、あなたが結婚したいと思っていることに対して気が付いていないだけかもしれません。

もちろんあなたから彼に真剣に話を持ち掛けるのもありですが、どうせだったら周りを巻き込んで、彼に結婚を意識させる方法も◎

彼が信頼している友達や家族からの説得は、彼が一番耳を傾けてくれる可能性が高いですよ。
男性は女性と比べて、そこまで結婚に対して焦りを感じたり熱い想いを持ったりしない傾向にあります。
だからこそ、あなたは結婚したくてうずうずしているのに、彼はその気がなさそうなんていう、価値観のギャップに悩まされてしまうのですね。
今回ご紹介した内容を参考に、彼にアプローチをかけてみてくださいね♡

【関連記事】プロポーズ待ちです♡カレとの恋を「長い春」のまま終わらせない方法

付き合って○年以上。もうカップルとは呼べない二人の関係。ぼ~っとしているうちに、いつの間...

結婚 意識 テクニック 入籍 カップル 恋人 家族 友達

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

夢咲 姫花

ブログ♡ http://ameblo.jp/le-secre-de/
インスタグラム♡ @eriusa0325 https://instagram.com/eri…

>もっとみる