もう我慢できないかも……。彼氏と距離を置きたいと思う瞬間4つ

LOVE

彼氏と距離を置きたい……。
付き合っていると、ふと思ってしまうことはありませんか?
疲れているのに無理をしても、二人にとってはよくないこと。
今回は、彼氏と距離を置きたくなる瞬間をご紹介いたします。

彼氏と距離を置きたいと思う時:仕事の相談をしても「へぇそうなんだ」しか言ってもらえなかった時

普段は彼女に対して「仕事がんばってね」と伝えても、いざ仕事で成功した話をすると、つまらなそうに聞いている……。

心の狭い彼の姿をみて、思わず「付き合っている意味って?」と首をかしげそうになった経験もあるのでは?

仕事でがんばっている姿を口先だけでしか応援できないということは、おそらく彼はお腹の中は真っ黒で、むしろ自分がなぜ彼女よりも成功していないのかが納得できていないはずです。

それだけ自信がない証拠でもあります。
彼に仕事の話をしても、まともに取り合ってもらえない……でも、あくまでも彼と付き合い続けることを選ぶなら、安易に期待しないことが大切かも。

彼氏と距離を置きたいと思う時:自分のルールを押し付けられて我慢できなくなった時

就寝時間は夜の23時。
それ以降は、どんなに連絡をとっても取り合わずに、彼女がどんなに落ち込んでいようとも睡眠時間を優先させる彼。

週末のデートも「実家で食べる」が基本ルールになっていて、夜の20時頃になるとソワソワをし始める。

お互い付き合っている以上、歩み寄らなければいけないはずなのに、勝手に相手からルールを守るように指示されているなら、距離を置きたくなるのも当然!

しばらく様子をみるか、もしくは、思い切ってお別れしてみるのもありかもしれませんね……。

彼氏と距離を置きたいと思う時:精神年齢の低さを感じた時

社会人にもなれば、いつまでも子どものように、寝られないからといって不機嫌になっている場合ではありません。

しかし、世の中には睡眠時間が少し短くなるだけで彼女を振り回したり、自分よりも成功いていく彼女をつまらなく思ったりと、精神年齢が低い男性はたくさんいるはずです。

たとえ年齢が上だったとしても、一定の年の差がない限り、ほぼ同じ年かもしくは年下と付き合っている状態と変わらないかもしれません。

本来、パートナーとは切磋琢磨し合える関係が理想的ですが、精神年齢の低さに限界を感じると、お別れまでのカウントダウンが始まっている気がします……。

彼氏と距離を置きたいと思う時:彼の視野の狭さに気づいた時

「女性はこうあるべき」という姿を彼に押し付けられると苦しくなりませんか?
「子どもを産むべき」というルールはないはずなのに、なぜか彼の人生プランを提示され、理想の奥さん像を押し付けられる。

今は、おひとりさまで過ごす方もいて、事実婚を選ぶ人もいます。
三者三様の人生があるというのに、目の前の彼はかなり古い固定概念をもっていると、それだけでもかなりしんどく、疲れるものです。

彼の視野の狭さに気がついた以上、もうそのままではいられないでしょう。

いかがでしたか?
付き合っていれば、距離を置きたいと思う決定的な出来事はたくさんあります。
そこからどの道を選ぶかは、あなた次第です♡
今に限らず長い人生において目の前にいる彼が必要なのかよく考えましょう。