男性に対して“ワガママ”が多くなる原因とは?あれが嫌!これが嫌!

LOVE

「彼氏ができない」「いつも恋人と長く続かない」と、悩んでいる女性もいると思います。
悩んでいる女性には、男性に対して“あれが嫌、これが嫌!”というワガママが多い人もいそうですよね。
ここでは、男性に対してワガママが多くなる原因を探してみます。

男性にワガママを言い続けると、非モテ街道まっしぐら!

見つめる女性

男性に対して“あれが嫌、これが嫌!”と、文句ばかり言う女性を見てどう思いますか?

同性から見ても、「ワガママだな〜」「何様なの?」と思ってしまいますよね。

ワガママを言い続ければ、男性が寄ってこず、また女友達に呆れられ、全く男性を紹介してもらえなくなります。

非モテになりたくないのなら、男性に対して文句ばかり言うのは、そろそろやめた方がいいですよ!

男性に対してワガママが多くなる原因①自分に根本的な問題がある

覗き込む女性

恋をすると、自分の根本的な悩みが顔を出しやすくなります。

気になる男性ができるたびに、“あれが嫌、これが嫌!”と、男性のダメなところを探してしまうのは、自分の問題から目を逸らしたいからかもしれませんね。

気になる男性のダメなところを見つければ、彼を自分と同じくらいのレベルに落とせます。
彼より優位に立つこともできるでしょう。

彼のレベルを落とせば、恋愛が上手くいかなくなったら、彼のせいにすることが可能になりますよね。
つまり“あれが嫌、これが嫌!”と ワガママを言って、無意識のうちに自分を守っているのです。

いつも恋人未満な関係で終わってしまうのなら、根本的な悩みの原因と向き合う時間をつくって、自分を磨きましょう!

男性に対してワガママが多くなる原因②甘えすぎ

喧嘩するカップル

「彼氏の欠点ばかりに目がいってしまい、いつも長く続かない……」と悩んでいる女性は、甘えすぎなのかもしれません。

彼氏に対して“あれが嫌、これが嫌!”とワガママになってしまう原因のひとつは、強い安心感でしょう。

ずっと側にいてくれる家族に対して、つい文句を言ってしまう人は多いと思います。
あなたに夢中な彼氏を持つと、家族に接するように、甘えから文句を言ってしまいがち……。

彼氏も特別な存在ですが、家族ではなく他人です。
甘えすぎは、ほどほどにした方がいいのでは?

また、家族に対して文句を言いつつも、家族の欠点を受け入れている人も多いと思います。

家族の欠点を受け入れられたのは、“この先も付き合っていかなくてはいけないから”ではありませんか?

彼氏に対しても、「この人とずっと一緒にいるのかな」と思ってみると、彼の欠点を受け入れられるかもしれませんね!

男性に対してワガママが多くなる原因③失恋経験がない

お酒を飲むカップル

男性に対して“あれが嫌、これが嫌!”とワガママばかり言うのは、失恋経験がないのが原因かもしれませんね。

失恋をすると、「ワガママなんて言ってられないな……」と気づくこともあります。
辛い思いは、絶対に無駄にはならないです。

恋愛で辛い思いをしたことがないのなら、友達の失恋話に耳を傾けてみてください。
友達に聞きづらいのなら、ネットで失恋エピソードを読むだけでもいいです。

恋愛の痛みを少し知ってください!

男性に対してワガママが多くなる原因④潔癖症

一緒に寝るカップル

潔癖症の女性は、男性に対して“あれが嫌、これが嫌!”とワガママになってしまうことが多いようです。

一部の潔癖症の女性は、オーラルケアを怠っている男性を見ると気持ち悪くなってしまったり、彼の持ち物に触れただけで、手を洗いたくなったりするそう……。
「重度の潔癖症なのかも?」と思い、病院に行く人もいるようです。

また自分の潔癖症を受け入れて、“清潔感が強く感じられる男性としか付き合わない”と決めている女性もいるんだとか!

潔癖症が原因なら仕方ないので、だれも責めずに、自分と上手く付き合う方法を見つけてください。

男性に対してワガママが多くなる原因を探してみました。
“あれが嫌、これが嫌……”なんて言ってられない日が来る前に、問題を解消してくださいね!