雑誌連動

まずはコスメの断捨離から。アラサー女子のためのメイク方法

♡4MEEE magazine Vol.1 p.78〜 「肌が変われば、人生変わる!」

アラサー女子の皆さん、まさか10代の頃から同じメイク方法を今もしているなんてことはないですよね……?
年齢に合ったメイクをするのも、女性の楽しみのひとつですよ♡
ということで今回は、「アラサーのメイク方法」をご紹介します!

アラサーメイクに必要なぬけ感を演出するために、まずはコスメの断捨離を!

アラサーメイクのキーワードは「ぬけ感」!
ぬけ感を演出するために、まずはメイク道具の断捨離をしましょう。

アラサーになったら、メイク道具は量より質を重視したいですね。
プチプラグロスを5つ買うなら、憧れのブランドのものを1つ選びませんか?♪

コスメの買い方を変えるだけで、自然にメイク道具の断捨離が上手くなるかもしれません♡

アラサーのメイク方法:シンプルでリラックス感のある肌を目指す

中学・高校生の頃からメイクを始めたとすると、アラサー女子のメイク歴はもう10年くらいになりますね。
そろそろ、自分の素材を活かすメイクもできそうです♡

素材を活かすためには、生活リズムを整えたり、スキンケアを丁寧にしたりして、素材を磨く努力もしたいですね♪

素材というと肌ですが、ベースメイクコスメを厳選して、洗練されたシンプル感を出しましょう!

特にこだわりたいのが、メイクの印象を大きく左右するリキッドファンデーション。
ツヤ感のあるリキッドファンデを選んで、スポンジや手で軽く叩いて塗る方法がおすすめです。
大人の余裕に欠かせない、いいリラックス感が出ます。

アラサーのメイク方法:アイテム選びにこだわって上品な目元に

マスカラはボリュームよりロングタイプがおすすめです。
ダマのあるひじきまつ毛も回避したいので、マスカラコームも持っておきたいところ!

またアイシャドウは、ベージュ系を単色使いしてみましょう。
ほんのりパールが入った明るめのベージュを選べば、地味どころか上品な目元になりますよ♡

眉も素材を活かすなら、自然な太眉がいいですね。
平行眉ブームが続いているようですが、大人の眉に仕上げたいのなら、眉山から眉尻にかけて、やや角度をつけるのが◎

アラサーのメイク方法:チーク&リップを同系色で揃えて統一感を

チーク&リップを同系色で揃えると、統一感が出ます。こなれたぬけ感を演出できますよ♡

ベージュ系のアイシャドウを単色使いしたのなら、赤ピンクっぽいチーク&リップを選ぶと、ちょうどいい大人の華やかさが出ます。濃淡をつけるとバランスがいいですよ!

また、クリーム系のチーク&口元は「グロス→口紅」の順で塗ると、ちょうどいいツヤが出ます!

アラサーになったら、チークは丸くではなく斜めに入れたいですね。
チークを斜めに入れるとクールな顔に仕上がりがちですが、濃くならないようにふわっとのせれば問題ありません♪

アラサーのメイク方法:“ここだけは譲れない”ポイントを持つ

今までご紹介したアラサーメイクやトレンドを押さえるだけのメイクだと、量産型の顔になってしまいそう……。

まだまだ可愛いメイクをしないのならば、ピンクベージュ系のアイシャドウを選んで、女性らしい上品な甘さを出すも良し!
唇が厚いのなら、リップをせずに仕上げるのも良しです♪

「ここだけは譲れない」というこだわりは、いくつになっても大切にしてくださいね♡

ただしアラサーになったら引き算メイクを意識し、そしてメリハリをつけることもお忘れなく!メリハリを意識すれば、こなれ顔をキープできます。
「アラサーのメイク方法」をご紹介しました。
派手さやカバーを重視するのをやめると、メイクの幅が広がると思います!
メイク歴10年以上でも、メイクに磨きをかけ続けてくださいね♪

【関連記事】アラサーは塗らない。大人なトレンド「チークレス」メイクのコツ

♡4MEEE magazine Vol.1 p.90〜「アラサーメイクこれが正解!」2017年は、ナチュラル系のメイ...

アラサー 大人 メイク 方法 コツ ぬけ感 ナチュラル

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる