【奥二重】あか抜けたモテメイクにシフト!アイシャドウの塗り方8選

BEAUTY

一重と二重の中間的な存在にあたる奥二重は、アイシャドウの塗り方次第で目をぱっちり見せることができたり、逆に小さく見せてしまったりすることがあります。
だからこそ、アイシャドウの塗り方をマスターして、いつでも完璧なアイメイクにしたいですよね。
基本的な塗り方から応用した塗り方までご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

奥二重とは?

ジュースを飲む女性

奥二重とは、二重まぶたと同じく、目の上に二重ラインがあるまぶたのことです。
ただし二重ラインがあるものの、目を開けた状態だと一重のように見えてしまうことが特徴。

二重幅が狭かったり、薄かったりする場合や、まぶたに厚みやたるみがあることで二重ラインにかぶってしまい、まぶたの奥に見える二重になってしまうのです。
目を伏せたときや閉じたときはラインがあるのに、目を開けるとはっきり見えない場合は奥二重かも。

アイシャドウを塗ってもいまいちパッとしなかったり、まぶたで隠れてしまったりすることがあるので、奥二重だとアイシャドウの塗り方が難しく感じてしまう女性も多いはず。

しかし、ちゃんと奥二重に合うアイシャドウの塗り方をマスターすれば、キレイめにも可愛い系にも変身することができて、違った表情を楽しめますよ。
しっかりアイメイクをしても、派手すぎる印象になりにくいので、いろいろと冒険できそう♡

【基本編】奥二重向けアイシャドウの塗り方

バッグに入ったコスメ

奥二重さんは、二重幅に合わせてアイシャドウを塗っても、目を開けると隠れてしまうことが多いので、塗り方に工夫して立体感を出すことが基本!
一番失敗しないのは、ブラウン系でグラデーションを作ることです。

<奥二重向けの基本的なアイシャドウの塗り方>
①アイホール全体にハイライトカラーをふんわりのせて、まぶたのくすみを飛ばします。
②上まぶたの目のキワから2〜3mmくらいのライン状に濃いめのブラウンを入れます。
③最後に、ハイライトと濃いめブラウンの中間色を、アイホールの1/2程度のところにのせてグラデーションを出しましょう。

目を開いたときに、少し色が見えるくらいがベスト。
目を開けて確認しながら自分に合った幅を調節していくといいですよ。

中間色を重ねる場合は、目のキワの濃いブラウンも軽くぼかすイメージで重ねてみてくださいね。

【応用編】奥二重向けアイシャドウの塗り方①横グラデーションにする

アイメイクをする女性

奥二重さんの基本的なアイシャドウの塗り方では、縦のグラデーションをご紹介しましたが、横のグラデーションを意識して塗ることもおすすめです。

<横グラデーションの塗り方>
①アイホールにハイライトカラーをのせたら、目のキワに入れる濃いブラウンシャドウは目尻側を少し太く濃くなるように入れます。
②あとは中間色を基本編の通り重ねれば完成です。

目尻に向けて濃くなるように塗ることで、立体感をアップさせることができます。
目力アップにも繋がりますよ。

【応用編】奥二重向けアイシャドウの塗り方②ピンク系でフェミニンに

振り向く女性

奥二重さんなら、ピンクのアイシャドウを使って大人可愛く仕上げるのも素敵です。
塗り方さえマスターすれば、腫れぼったく見える心配も回避できますよ。

<ピンクシャドウを使った塗り方>
①太めのチップにピンクベージュを取り、アイホール全体に広げて縦幅を強調します。
②目頭をまたぐように淡いピンク系のハイライトをのせ、抜け感をプラスしてください。
③あとは奥二重の幅に合わせて、締め色のピンクを一度塗れば完成です。

色を濃くのせると二重の幅がつぶれて、逆に目が小さく見えてしまうので、ふんわりと淡くのせることがポイント!
下まぶたの中央にもピンクベージュを薄くのせれば、守りたくなるような可愛らしい雰囲気を演出できます。

【応用編】奥二重向けアイシャドウの塗り方③バーガンディで大人っぽく

赤系メイクの女性

ピンク系で可愛く決めるのもいいですが、バーガンディ系で大人っぽくセクシーに決めるのもおすすめ。
奥二重さんは、クールな印象も持っているので、大人っぽいカラーがよく似合うんです。

<バーガンディのアイシャドウを使った塗り方>
①アイホールにベージュ系のハイライトカラーをのせ、アイホールの半分くらいまでベージュやブラウン系の中間色をのせます。
②最後に奥二重幅くらいにバーガンディのアイシャドウを塗り、目尻から少しはみ出すように細く入れれば完成です。

色っぽさのある大人メイクなので、夜のデートシーンなどにもぴったり♡

【応用編】奥二重向けアイシャドウの塗り方④ブルーシャドウで爽やかに

振り向く女性

「クールに決めたい」「知的に見せたい」というときは、ブルー系のアイシャドウを使ったアイメイクがいいでしょう。

<ブルーシャドウを使った塗り方>
①ブラウンかゴールド系のアイシャドウを使って、基本編の要領で土台をグラデーションにしておきます。
②最後に目尻にブルーシャドウを三角形に入れれば完成です。

目を開けたときにはっきり色が見えるならOK!
三角形に入れることで、目元が引き締まりますし、奥二重でもデカ目効果が期待できます。

これはブルーのアイシャドウだけでなく、グリーンやパープルなど、派手めの色のアイシャドウを使いたいときにもおすすめのテクニックです。

【応用編】奥二重向けアイシャドウの塗り方⑤ダークグレーでミステリアスに

ダークメイクの女性

奥二重さんが大人っぽく、ミステリアスな雰囲気を演出したいときは、ダークグレーを使ったアイメイクにチャレンジしてみて。

<ダークグレーのアイシャドウを使った塗り方>
①アイホールに明るめのブラウンシャドウを馴染ませます。
②目のキワからアイホールにかけて、深みのあるシルバーグレーを塗り、グラデーションを作りましょう。
③さらに下まぶたの目尻側1/3にも薄くシルバーグレーをのせれば完成です。

単色で仕上げるより、ブラウンと組み合わせた方が重くなりすぎない目元を作りやすくなります。

【応用編】奥二重向けアイシャドウの塗り方⑥カラーシャドウは下まぶたにオン

カラフルなアイシャドウパレット

ブルーやピンク、オレンジなどのアイシャドウを使うときは、ワンポイント使いが鉄則!
上まぶたの目尻に使う女性も多いかと思いますが、周りに差をつけるなら、下まぶたにオンしてみましょう。

<下まぶたにアイシャドウをのせるときの塗り方>
①上まぶたを好みのアイメイクにしたら、下まぶたに入れたいアイシャドウカラーを用意します。
②細めにチップにアイシャドウを取ったら、キワに沿って目尻から2/3くらいのところまでのせましょう。

ピンクなら可愛く、ラベンダーなら透明感、グリーンならフェアリーな雰囲気にしてくれるので、なりたい雰囲気に合わせて選んでみてください。

【応用編】奥二重向けアイシャドウの塗り方⑦涙袋をプラス

お花に囲まれた女性

奥二重さんには、涙袋をプラスするのも効果的ですよ。
涙袋をさり気なく加えるだけで、瞳を大きくキレイに見せる効果が期待できます。

<涙袋を作るときのアイシャドウの塗り方>
①基本的なアイシャドウの塗り方で、上まぶたはグラデーションにしておきます。
②今度は下まぶた全体にハイライトを入れて、目尻から1/3くらいのところに濃いブラウンを2mmほど入れましょう。

涙袋がないときは、にっこりと目を細めたときにできるぷっくりしたところを基準に、ハイライトを入れるといいですよ。

ぷっくりしたところの下にブラウンシャドウで薄くラインを引てて、涙袋を強調するのも◎

【応用編】奥二重向けアイシャドウの塗り方⑧繊細パールで煌めきをオン

女性の目元

奥二重さんの場合、目元に繊細なパール感を仕込んであげると、上品なまなざしを叶えることができます。

<パール感を仕込むアイシャドウの塗り方>
①自分のなりたい目元になるよう、好みの塗り方でアイシャドウをのせ、土台をつくっておきます。
②繊細なパールが入ったホワイト系のアイシャドウを用意し、目尻側に行くほどパール感を重ねます。
③下まぶたの目尻側にもほんのりプラスしましょう。

マットな質感のアイシャドウと組み合わせることで、メリハリのあるこなれアイになりますよ。
しっとりタイプで濡れ感を出すのも◎

奥二重さんにおすすめのアイシャドウの塗り方をご紹介しました。
奥二重は二重よりも若々しい印象を与えやすいので、存在感のあるアイシャドウカラーにもチャレンジしやすいのが魅力♡
自分の目元をもっと活かすことができるように、ぜひいろいろな塗り方を試してみてくださいね。