その頭痛の原因は髪型にあるかも。ポニーテール頭痛の改善法

ヘアスタイルをばっちりきめてお出かけしたのに、そんな日に限って嫌な頭痛に襲われる……。
そんな経験をしたことのある女性も、少なくないのではないでしょうか!?
その頭痛の原因、髪型にあるのかも?

実は簡単おしゃれなヘアアレンジとして人気のポニーテールが原因で、頭痛を引き起こすことがあるのをご存知でしょうか!?
今回はおしゃれ女性の大敵、ポニーテール頭痛についてご紹介します。

ポニーテールで頭痛が起きるのはどうして!?改善法はある?

おしゃれなヘアアレンジをばっちりきめたのに、そこで襲ってくる頭痛は一体何なのでしょうか!?
その頭痛の原因は、もしかしたらポニーテールにあるのかも。

実はポニーテールをすることによって、頭皮が無理にひっぱられ、血流が悪くなります。
それによって筋肉が固まり、頭皮の神経が圧迫されるため頭痛を引き起こすことがあるのです。
さらに頭皮が冷えやすくなるので、その「冷え」も頭痛を引き起こす原因の一つであるといわれています。
髪の毛を引っ張って一か所でまとめるポニーテールは、頭皮にとって大きな負荷をかけていることがあり、それが頭痛を引き起こす原因となることがあるのです。

頭痛が起きる原因はわかりましたが、おしゃれな女性にポニーテールをしないという選択肢はないですよね。
では、ポニーテール頭痛を起きにくくする為の工夫や改善法はあるんでしょうか?

髪を結うことによって引きおこる頭痛は一般的に「ポニーテール頭痛」と呼ばれていますが、実はヘアアレンジがポニーテール以外の時にも頭痛が起こることがあります。
例えばハーフアップやお団子ヘアなど、髪の毛を一点にまとめて高い位置で結ぶことが原因で起こる頭痛を「ポニーテール頭痛」と呼びます。

そしてそれらのヘアアレンジは頭痛だけでなく、肩や首のこりの原因となることもあるのです。

せっかくおしゃれをして、素敵なヘアアレンジをしても、体の不調に襲われてしまっては全て台無し……。
それではここから、ポニーテール頭痛を起きにくくする為の工夫や改善法をご紹介します。

ポニーテール頭痛を起こしにくくする工夫・改善法①緩めに結ぼう

最初にご紹介するポニーテール頭痛を起こしにくくするための工夫・改善法は、ゴムのキツさについてです。
ポニーテール頭痛は髪の毛を一点でギュッと強く結ぶことが原因だといわれています。
その為、ゴムは緩めのものをチョイスするようにしましょう。

例えばシュシュやバナナクリップなどを使用すると、ゴムより緩く結ぶことができるのでおすすめ。
またどうしてもゴムを使用しなければいけない場合には、太めのゴムより細めのゴムを使用することで、結び方が少々緩めになります。

緩めのゴムを使用すると、ヘアアレンジが崩れやすくなるから嫌……という女性もいると思いますが、ヘアーが崩れた時は頭皮を休憩させるサイン。
緩めのゴムを使用して定期的に結び方を変えるだけで、ポニーテール頭痛が起きにくくなりますよ♪

ポニーテール頭痛を起こしにくくする工夫・改善法②下の位置で結ぼう

次にご紹介するポニーテール頭痛を起こしにくくするための工夫・改善法は、髪の毛を結ぶ位置についてです。
ポニーテールというと頭の頭頂部で髪の毛を結う事が多いですよね。
しかしそれは、髪の毛の流れに逆らって髪を結ぶことになるため、頭皮に大きな負担をかけ血流を悪くすることに繋がってしまいます。

それを回避するためにも、髪の毛は下の位置で結ぶように心がけましょう。

髪をひとつにまとめなければならない場合には、耳より下の位置で結ぶのがポイント。
そうすることによって頭皮にかかる負担が軽減されるため、ポニーテール頭痛を引き起こしにくくなります♪

ポニーテール頭痛を起こしにくくする工夫・改善法③くるりんぱが使える!

beauty.hotpepper.jp

次にご紹介するポニーテール頭痛を起こしにくくするための工夫・改善法は、くるりんぱについてです。
超簡単なのに凝ったヘアアレンジに見えるとして、人気を集めるくるりんぱ。そのくるりんぱがポニーテール頭痛を回避してくれるなんて嬉しいですね。

そのポイントは2つ。
くるりんぱは一度結んだ髪の毛も、くるりんぱする過程で緩くなる為、自然ときつすぎない結び方になります。
さらにくるりんぱは、頭の頭頂部ではなく低い位置で作ることが多いですよね。
その為頭皮にかかる負担が軽減されるので、血流が悪くなる心配も少なく、頭痛を起こしにくいヘアアレンジとして注目を集めているのです。

不器用さんでも簡単に挑戦できるくるりんぱ。
それだけでなく、簡単なのにおしゃれな雰囲気をを演出してくれる上に、ポニーテール頭痛を引き起こすリスクまで軽減してくれるなんて驚きですね。
ポニーテール頭痛に悩まされてヘアアレンジに困ったら、くるりんぱを取り入れていきましょう!

ポニーテール頭痛を起こしにくくする工夫・改善法④首周りを冷やさないように

次にご紹介するポニーテール頭痛を起こしにくくするための工夫・改善法は、首周りの冷えについてです。
ポニーテールやお団子ヘアなどを取り入れる時、髪の毛を高い位置で結ぶ為首回りが「冷え」を引き起こしやすくなります。
その冷えが、肩こりや首のこりを引き起こしやすくすることによって、頭痛に繋がることもあるのです。

その為、ヘアアレンジをしたら首周りは冷やさないように工夫をするのが大切です。
冬ならばマフラーやスヌードを使用、または温かい季節であっても、薄手のストールやハイネックのトップスを使用するなどして、首回りを冷やさない工夫が必要になってきます。

また首を回したり、軽く運動したりして、血流を促進させることも大切です。
首や肩の冷えは頭痛を引き起こす原因となることがあるので、冷えを引き起こさないための工夫もしっかりと取入れていきましょう。

ポニーテール頭痛を起こしにくくする工夫・改善法⑤マッサージ

次にご紹介するポニーテール頭痛を起こしにくくするための工夫・改善法は、マッサージについてです。
ポニーテール頭痛を感じたら髪の毛を一度ほどいて、頭部をマッサージするのが大切。
シャンプーをするように頭部を揉むだけで、血流が促進され頭痛が改善される可能性があります。

頭部をマッサージするのと同時に、首から肩にかけてもみほぐせば更に効果的。
ポニーテール頭痛を感じたらまずは髪の毛をほどくことで頭皮にかかる負荷を和らげ、頭部から首にかけてをマッサージすることで血流を促進させましょう。

ポニーテール頭痛を起こしにくくする工夫・改善法⑥首&肩を温めよう

最後にご紹介するポニーテール頭痛を起こしにくくするための工夫・改善法は、首&肩の温めについてです。
先ほどご紹介したように、首や肩の冷えが頭痛を引き起こすことがあります。
その頭痛を軽減するためにも、頭痛を感じたら首や肩を温めるようにしましょう。

その時ホットタオルや温湿布を用意して、首や肩の上にのせるだけで◎。
その後首のストレッチをプラスすると、血流が良くなり効果アップ。
更に髪の毛をほどける環境なら、一度結っている髪の毛をほどいてから温めやストレッチを実行することをおすすめします。

ポニーテールによる頭痛を感じたら、首&肩を温めて冷えを改善していきましょう。
ポニーテール頭痛を起こしにくくするための工夫・改善法についてご紹介しました。
せっかくおしゃれをしていても、頭痛に悩まされるなんて嫌ですよね!
そんな不快を改善する為にも、ポニーテール頭痛に注意して、ストレスフリーにおしゃれを楽しみましょう。

【関連記事】それって“ストレス胃”かも!?仕事を頑張る女子の体調管理方法

食べ過ぎたり、飲みすぎたわけでもないのに、なんだか胃が痛くなったり、胃もたれを感じる時...

ボニーテール 頭痛 改善法 原因

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる