米麹の甘酒と酒粕の甘酒、より美容やダイエットに効果的なのはどっち?

古くから「飲む点滴」といわれ、愛されている甘酒♪
女性にとって嬉しい効果を発揮してくれることから、美容やダイエットをする女性たちの間でも注目を集めています。

しかし甘酒には「米麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」があり、目的によって効果的な甘酒が分かれてくることをご存知でしたか?
そこで今回は、目的に合わせて選ぶ甘酒の種類をご紹介いたします。

「米麹の甘酒」or「酒粕の甘酒」を取り入れるなら目的に合わせて選ぼう!

甘酒は「飲む点滴」として、多くの人々から愛されてきた発酵飲料です。
夏バテ防止として知られていますが、さまざまな栄養素がたっぷり含まれていることから「高い美容効果も期待できる」と女性の間で注目を集めています。

今ではスーパーなどで簡単に手に取れるので、毎日美容や健康のために飲んでいる女性も多いですよね。
しかし甘酒には、“米麹からできている甘酒”と“酒粕からできている甘酒”の2種類があることをご存知でしたか?

何気なく飲んでいるかもしれませんが、実は米麹甘酒と酒粕甘酒の効果には違いがあるんですよ。
それぞれの特徴を理解し、目的に合わせて甘酒を選ぶことで、より高い効果を期待できるので、目的別に甘酒を選んで飲んでみてはいかがでしょうか。

米麹vs酒粕!米麹からできている甘酒の特徴や主に含まれている成分

ここからは、「米麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」の違いについてご紹介します。
まずは、米麹からできている甘酒の特徴や、主に含まれている成分から見ていきましょう。

<米麹からできている甘酒の特徴>
米麹からできている甘酒は、一般的に「飲む点滴」といわれている甘酒のことです。
米麹とは、蒸したお米に麹菌を繁殖させたもので、甘酒をはじめ、お酒、みりん、味噌などの日本の伝統的な食文化に欠かせない食材は、米麹を発酵させることで造られています。

また、麹菌の発酵によってお米のデンプンをブドウ糖やオリゴ糖に変える働きがあるので、自然な甘みを作り出せるところが特徴です!

<米麹からできている甘酒に含まれている主な成分>
米麹からできている甘酒には、主に次のような成分が豊富に含まれているそうです。
・ビタミンB群
・葉酸
・ナイアシン
・パントテン酸
・ビチオン

米麹vs酒粕!酒粕からできている甘酒の特徴や主に含まれている成分

次に酒粕からできている甘酒の特徴や、主に含まれている成分を見ていきましょう。

<酒粕からできている甘酒の特徴>
酒粕甘酒の原料となる酒粕は、米麹に酵母菌を加えて発酵させたものです。
麹菌と酵母の“ダブル発酵パワー”を持っていることが特徴で、さまざまな栄養成分が凝縮されています。

栄養価がとても高く、深いコクとふんわり広がる香りのよさに大人女子から人気が高いようですよ♪

<酒粕からできている甘酒に含まれている主な成分>
ダブルの発酵パワーを持つ酒粕甘酒は、米麹からできている甘酒よりも含まれている成分が多いようです。
・タンパク質
・炭水化物
・食物繊維
・ビタミン類
・アミノ酸
・ミネラル
・有機酸
・β-グルカン
・葉酸

それぞれの特徴が分かったら、目的別にどちらの甘酒が効果的なのか見ていきましょう!

米麹vs酒粕!○○の効果を期待できるのはどっち?▶美容編

肌のケアは女性が「美」を保つために欠かせないことですよね。
美肌を重視したい女性におすすめなのは、酒粕の甘酒ではなく、米麹からできている甘酒です!

米麹からできている甘酒に含まれているビタミンB群には、糖質や脂質、たんぱく質の代謝や肌、髪に関わるビタミンです。
そのため、美容効果が期待されているんですよ。

また、甘酒には「エルゴチオネイン」という成分も含まれていて、このエルゴチオネインは抗酸化作用があるので、肌の老化を抑制する効果があるそうです。
同じく抗酸化作用があるトマトジュースと同量混ぜて飲むことで、高い老化防止効果が期待できるといわれていますよ♪

米麹vs酒粕!○○の効果を期待できるのはどっち?▶ダイエット編

女性にとって永遠のテーマともいえるダイエット!
このダイエットにも、より高いサポート力を発揮してくれる甘酒があります。
それは、米麹の甘酒ではなく、酒粕からできている甘酒♪

酒粕からできている甘酒には、コレステロール上昇抑制作用や、血圧を下げる作用が期待できるだけでなく、血流改善により身体を温める効果もあるそうですよ。
身体を芯から温めることができるので、脂肪を燃焼するために欠かせない代謝を上げることができるそうです。

さらに、腸の活動も助けてくれるので、便秘が改善されて老廃物や毒素などをしっかり排出できるようになるのでお腹もすっきりしてきますよ。
ただし、酒粕甘酒はアルコールが含まれているので、妊婦さんや子供は控えるようにしましょう。

米麹vs酒粕!○○の効果を期待できるのはどっち?▶睡眠編

寝つきが悪かったり、寝ても眠りが浅かったり、起きたときにしっかり寝た感じがしないようであれば、睡眠の質を上げる必要があります。
人は睡眠中に傷んだ細胞などを修復しているので、深い眠りの睡眠をとることはとても大切なことです。
睡眠の質をよくしたい女性におすすめなのは、米麹の甘酒ではなく、酒粕からできている甘酒!

酒粕からできている甘酒には、清酒酵母が含まれています。
この清酒酵母は、睡眠の質を高める効果があるといわれているんですよ♪

また、酒粕からできている甘酒を飲むとともに、睡眠の質を低下させる就寝直前のスマホやパソコンは控えるようにすることがおすすめです。
ぐっすり眠ることができれば、翌朝の目覚めもよくなりますし、1日をパワフルに過ごすことができるでしょう。

米麹vs酒粕!○○の効果を期待できるのはどっち?▶疲労回復編

疲れがとれないと、集中力も低下してしまい、仕事に支障をきたす可能性が出てきてしまいます。
顔も元気がなくなってきてしまうので、“老け顔”を招く可能性も……!
早く疲労を回復したいのであれば、酒粕の甘酒ではなく、米麹からできている甘酒がおすすめです。

麹には消化酵素が30種類以上も含まれていて、消化吸収を助けてくれます。
それだけでなく、栄養をエネルギーに変える働きもあるので、疲労回復に効果的だといわれているんですよ♪

また、米麹からできている甘酒は、アルコールを含んでいないので妊婦さんや子供でも安心して飲むことができますよ。

「米麹の甘酒」or「酒粕の甘酒」を飲む効果的なタイミング

目的によって甘酒の種類が異なることが分かったら、「米麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」の効果的な飲むタイミングも覚えておきましょう♪

<甘酒を飲むときの効果的なタイミング>
・美容……朝と晩に人肌に温めた甘酒をコップ半分ずつ飲むことがおすすめです。
・ダイエット……朝食代わりに飲む他、食事の前に飲むことで満腹感を得られます。
・睡眠……人肌に温めた甘酒を、寝る1時間前にコップ1杯飲みましょう。
・疲労回復……疲れを感じたときや、集中力が低下しやすい午後に飲むのがおすすめです。

米麹の甘酒も酒粕の甘酒も基本的にどのタイミングで飲んでも構いません。
ですが、目的に合わせて飲むタイミングも意識することで、より高い効果を期待することができますよ!

「米麹の甘酒」or「酒粕の甘酒」を取り入れるときの注意点

さまざまな面で女性をサポートしてくれる甘酒ですが、覚えておきたい注意点もあります。
スーパーや通販で甘酒を購入するときは、含まれている成分を必ず確認するようにしましょう。

米麹甘酒も、酒粕甘酒も大量の砂糖やアルコールなどが含まれていては身体によくありません。
「無添加」「国産の原料」であることを確認し、甘酒の効能をそのまま摂取できるようにすることが大切です!

そして、おいしいからといって飲みすぎには注意が必要ですよ。
甘酒は栄養価が高いので、1日200mlを目安に飲むようにしてください♪
甘酒の種類と、目的別で見る効果的な甘酒をご紹介させていただきました。
自分が求める目的に合わせて「米麹の甘酒」か「酒粕の甘酒」かを選ぶことで、より高い効果を期待することができますよ。

また、甘酒に含まれる麹菌や酵素などは高温に弱い性質なので、高温殺菌をしていない甘酒を選ぶこともポイントのひとつです。
甘酒を効率よく取り入れて、美容や健康、ダイエットに役立ててください♪

【関連記事】ダイエットに活用するならどっち?バジルシードとチアシードの違い

ダイエットフードとして徐々に人気が広まっているバジルシードとチアシードですが、皆さん違...

甘酒 米麹 酒粕 効果 美容 ダイエット

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる