メイク落しを制するものは美肌を制する!正しいクレンジングの選び方

Cover image: www.shuuemura.jp

肌が美しい人やメイク乗りのいい人のヒミツは、コスメよりもクレンジングにあったんです!
オイル、クリーム、ジェル、ウォーターそれぞれのメリットとデメリット、おすすめのクレンジングを解説します♡

美肌のためのクレンジング選び①オイル

www.shuuemura.jp

オイルクレンジングは、水とオイルを馴染ませる界面活性剤が多く含まれています。

一番メイクをしっかり落としてくれるのはオイルクレンジングですが、その分お肌への負担も大きいので、敏感肌の女子にはオススメできません。

普段から濃いメイクをする女子や、アイシャドウやマスカラなどの落としにくいポイントメイクにはオススメです♪

shu uemura(シュウウエムラ)のクレンジングオイルはほとんどこすらなくても落ちますし、フレーバーによってそれぞれブライトニングやひきしめ、アンチエイジングなどの効果があります。

THREE(スリー)のバランシングクレンジングオイルは香りもよく、天然由来成分で作られているのでお肌にも比較的優しいですよ♡

美肌のためのクレンジング選び②クリーム

www.cosmedecorte.com

クリームクレンジングは水分と油分がバランスよく含まれているので、オイルクレンジングよりも摩擦が少なく、肌への負担も少ないです。

また、クリームクレンジングは軽くフェイスマッサージするのにも便利です。

ただ、刺激が少ない分、濃いメイクを落としにくかったり、落とした後にべたつきが残ったりします。

おすすめのクリームクレンジングはCOSME DECORTE(コスメデコルテ)の『AQ ミリオリティ リペアクレンジングクリーム』。

少しお値段が高めですが、クレンジング後は肌のキメが整い、もっちりとした感触になります♡

美肌のためのクレンジング選び③ジェル

www.orbis.co.jp

ジェルクレンジングにはオイルフリーの水性のもの、オイルインの水性のもの、油性のものの3種類があります。

オイルフリーの水性のものは、マツエクをしている人におすすめのさっぱりとした洗い心地で、オイルインの水性のものはオイルフリーよりも落ちやすいけれど、洗い上がりはさっぱりしています。

メイクが濃いめの方は、油性のジェルクレンジングがオススメです♪

ORBIS‎(オルビス)のクレンジングジェルは美容成分や保湿成分配合で、もちもちとした洗い上がりになりますよ♡

美肌のためのクレンジング選び④ウォーター

www.bioderma.jp

クレンジングウォーターの良さはコットンに染みさせてすぐに簡単に落とせること、W洗顔の必要がないこと、マツエクをしていても綺麗にアイメイクを落とせることなどがあります。

ただ、界面活性剤が多く含まれるので肌への刺激が強く、落とすときに摩擦で肌に負担を欠けてしまうこともあります。

アイメイクリムーバーとしてクレンジングウォーターをポイント使いしたり、夜遅く帰宅して簡単にささっとクレンジングしたいときに使うといいかもしれませんね♪

オススメはBIOERMA(ビオデルマ)の『サンシビオエイチツーオーD』。

オイルフリーの敏感肌にも優しいクレンジングウォーターで、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります♡
いかがでしたか?クレンジングは同じ形状(オイル、クリームなど)のものでも商品によって使い心地が変わってくるので、自分の肌にあったものを探してみてくださいね!

スキンケア クレンジング 美肌 クレンジング 美肌 メイク落し

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋山れい

KOKA49期♡Tsuda College♡SNSD♡Ariana♡Victorias'Secret♡美容とファッションだいすきな女子大生キュレータ…

>もっとみる