付け焼き刃は禁物!男性が女性に「品」を感じる時とは?

LOVE

「両親の愛情をたっぷり受けて、のびのびと育てられたように感じる」「とても素直で優しい性格で、ひねくれたところが一切なく、妬み、ひがみといった、ネガティブな感情をほとんど抱かない」そんな風に見える女性は、たいてい「育ちが良い」と感じることが多いですよね。

大人になってから性格を変えるのは、容易ではありません。それでも、仕草を‟心がける”ことで、人から見たときの印象を替えることができます。
そしてその仕草を繰り返して身につけていくと、付け焼き刃ではない、本当に品のある女性になれますよ♡

男性が女性に「品」を感じる時① 「言葉遣い」

会話の中で、つい「ヤバい!」「マジで!?」なんていう言葉を使ってしまっていませんか?

‟言葉遣い”は、親のしつけの範囲内に入っているもの。つまり、育ちの良い女性は、悪い言葉遣いはしないのです。

これから言葉遣いを気を付けたい!という女子は、「柔らかな口調」や「言葉のチョイス」を心掛けると良いですよ♡
早口でしゃべらず、相手の話に割り込まないということを念頭に置きましょう。

男性が女性に「品」を感じる時② 「声の大きさ」

「下品」そして「育ちが悪い」というイメージを与えてしまうのは、場所などTPOをわきまえずに大きい声を出してしまう女性です。

女性の場合、話に夢中になったり盛り上がったりしていると、つい大きな声で笑ってしまいがち。

今どんな場所でしゃべっているのかと言うことを頭に入れて会話をするようにすれば、自然と解決することができますよ。

男性が女性に「品」を感じる時③ 「エチケット」

普段の何気ない行動ですが、「エチケット」にまつわる行動一つで、男性に与えるイメージは大きく変わってきます。

例えば「大きな音を出して鼻をかむ」「くしゃみ、咳をするときに手を添えない」「風邪をひいているのにマスクをしない」なんていう行動はNG!

風邪をひいているときには、「マスクをしていても手でおさえて咳をする」くらいの心意気が大切です。
もしもマスクが手元にない時には、タオルで押さえましょう。正面に人がいたら、顔を背けて行うのも常識ですよね。

男性が女性に「品」を感じる時④ 「ゆとりのある行動」

「時間がない!」そんな時、ついすべてを放り投げて適当に事を済ませていませんか?

男性から見て品を感じる女性は、急いでいる時でも行動が雑にならないもの。常に‟ゆとり”を感じさせる行動を心掛けましょう。

男性が女性に「品」を感じる時⑤ 「欲望をむき出しにしない」

経済的に裕福か、そうではないかということは関係なく、自分の欲をむき出しにしないのが品の良い女性の条件。

もちろん人間なので欲はありますよね。それを上手に隠せるのが、品のある女性なのです。

一歩引くことのできる大人の余裕を持つことができるようになると、自然とその品が身につくでしょう。

男性が女性に「品」を感じる時⑥ 「食べ方がきれい」

男性と食事をする機会では、当たり前のようにチェックされているのがこの項目。
食べ方がキレイな女性には、やっぱり品の良さを感じます♡

食事の際に気を付けたいのは、手元、口元を汚さないこと。そして音を立てないことです。

あまりたくさんのことを気にしていると、食事がはかどらず、ぎこちなくなってしまいます。この2つだけは、最低限でも守るようにしましょう。

男性が女性に「品」を感じる時⑦ 「他人への配慮」

自分のことばかり考えず他人への気遣いができる女性には、男性だけではなく、女性から見ても品を感じますよね。

他人に対して配慮ができる女性は、人に恥をかかせません。自分だけが良い思いをしないようにしましょう。

こうした女性になるためには、TPOをわきまえた服装ができていて、不快な思いをさせない配慮ができることが条件です。

普段の自分の行動と比較して見て、いかがでしたか?
「これはできていなかったな……」と感じた項目があれば、今日からぜひ改善してみてくださいね♡