雑誌連動

喧嘩なしが円満とは限らない!ラブラブでいるために気をつけたいこと

LOVE

♡4MEEE magazine Vol.2 p.80〜 「最幸の結婚、その先に。」

仲良しカップルといわれる二人でも、会話がないことが原因で突然別れてしまうことがります。
喧嘩をしないことがラブラブとは限らないのです。
しっかりとお互いに言いたいことや思っていることをぶつけないと、恋愛が長続きしないことも……。
喧嘩したとしても、ラブラブでいる方法をご紹介します。

喧嘩しないことが円満とは限らない

喧嘩もなしでいつも笑顔なラブラブカップルが、あるとき突然別れてしまう……。
なんてこと、意外とありますよね。

後から、なんで別れてしまったんだろう?と思い返してみても、喧嘩もなく円満だったはずなのにと思うでしょう。
ですがどんなにラブラブなカップルでも、お互いに言いたいこと、思っていることを伝えられないと、我慢が限界に達することがあります。

喧嘩しない=円満、とは限らないのです。

円満でいるために喧嘩は必要なこと

カップルにとって、いつでも楽しく二人とも笑顔でいられることは何より大切です。
ですが、時には喧嘩も必要なこと。
言いたいことがあるのに喧嘩を避けてばかりいては、お互いのことを深く知っていくことはできません。

ときに喧嘩は必要なことなんだと思い、小さな不満でもしっかりと相手に伝える努力をしましょう。
相手にとっても、大切な人からの指摘であれば、受け入れられるはずです。

後から、「あの時、こんな風に思っていた!」と怒っても、そのときにはもう遅いこともあります。
思ったときには、しっかりと相手に伝えることが、円満の秘訣です。

喧嘩の後のフォローが円満の秘訣♡

喧嘩をすると仲直りに時間がかかって面倒だから、という理由で喧嘩を避けたがるカップルもいると思います。
ですが、喧嘩をした後のフォローの仕方によっては、ますますラブラブになれることだってあるんですよ。

喧嘩をしても謝るときに、日頃の感謝や日ごろ口にできない愛の言葉を添えてみましょう。
手紙を書いて謝るのも効果的です。

喧嘩の後に仲直りできれば、さらにお互いへの理解が深まり、よりよい関係が築けるはずです。

喧嘩以外も気をつけよう!普段の会話が円満カップルをつくる♡

喧嘩を避けて、ある日我慢の限界がきて別れるカップルの多くは、日ごろから、喧嘩以外の普通の会話も十分でないことがあります。

二人でせっかく食事しているのに、お互いの顔を見ずにスマホをいじっていたり、お互いの最近のことや仕事のことを知らなかったりしませんか?

日ごろから会話の時間はとても大切です。
二人きりのときこそ、お互いの話をしてみましょう。
会話でのコミュニケーションは、カップルが長続きする秘訣です。

喧嘩するほど仲が良いといいますが、本当にそうだと思います。
気になることを言い出すことができなかった人も、お互いのことを深く知り合うチャンスだと思い、喧嘩をしてみるのも一つの手なのです。
大切なのは、喧嘩の後のフォローです。
大喧嘩になって別れしてしまっては悲しいですよね。
日ごろの感謝や愛を伝えて、もっと仲良しなカップルになりましょう。