過敏性腸症候群かも!?便秘と下痢をくり返すときの対処法

LIFESTYLE

便秘気味だなと思っていたら、下痢が止まらないなど、便秘と下痢をくり返すときって辛いですよね……。
ここでは、便秘と下痢をくり返す原因を探るとともに、対処法をご紹介します。

便秘と下痢をくり返すときは「過敏性腸症候群かも」

便秘と下痢をくり返すというのは、過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)の代表的な症状です。

過敏性腸症候群は20〜40代の人に多く見られます。また、ストレスが多いといわれている先進国でよく見られる病気です。

便秘と下痢をくり返すときは「大腸の病気の可能性もゼロではない」

便秘と下痢をくり返す症状が見られるときは過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)の可能性が高いですが、大腸の病気の可能性もゼロではありません。

「いつも下痢なのに突然便秘になった」「便通がいつもと違う」という場合は、病院へ行ってください。

最悪の場合、大腸がんを発症している可能性もあります。

便秘と下痢をくり返す過敏性腸症候群の原因は「日常のストレス」

ここからは過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)の話に戻って、原因を探ってみましょう。

過敏性腸症候群の大きな原因は毎日のストレスです。精神的な不安や過度な緊張が、便秘と下痢の引き金となるのです。
不安や緊張と聞くと、転職をしたり、会議で発表をするなど、特別な出来事が思い浮かびますが、それだけではありません。

毎日の満員電車通勤や、苦手な人からの遊びのお誘いメールなど、日常のちょっとした瞬間が不安や緊張を引き起こすこともあります。
また満員電車に乗っているときにお腹が痛くなると、「おならをしてしまったらどうしよう……」と考えてしまい、余計にストレスがかかります。

会社の最寄駅に着くと、すぐにトイレに駆け込み下痢をするなんて人は、過敏性腸症候群かもしれませんね。

便秘と下痢をくり返す過敏性腸症候群の人は「自分を責めなくていい」

上記のことからわかるように、過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)の人には、デリケートな方が多いと言われています。
このタイプの人は、自分に自信を持つのは難しいと思うので、自分を責めないことだけを心がけてみてください。

内向的な性格の人は、「量より質を重視する」「静かに黙々と作業をこなす」など、評価されるべきところがたくさんあります。

あなたのような人がいないと、会社や世の中は成り立ちませんよ。

過敏性腸症候群の人は、「水溶性食物繊維」を摂って!

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)の人は、水溶性食物繊維の多い食材を摂ることをオススメします。

「りんご、さつまいも、海藻」などが水溶性食物繊維が多い食材です。

水溶性食物繊維は、不溶性食物繊維と違い、腸への刺激が少ないです。よって、過敏性腸症候群の人も安心して摂ることができます。

水溶性食物繊維を摂って腸内環境を整えましょう。

ストレスからくる過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)は、ライフスタイルを見直したり、力を抜いて仕事をすると改善されることがあります。
力を入れすぎるとパワーが持たなくなりますよ!