【性格別】ダイエットが失敗してしまう原因と対策を分析!

BEAUTY

ダイエットがなかなか続かず失敗してしまうというアナタ。
もしかしたら、自分に合ったダイエット方法を実践できていないせいかも。
ダイエッターが陥りがちなダイエット失敗の原因と、対策法を徹底分析してみました。

神経質な性格:「体重を細かく気にしすぎている」

神経質な方に多いのが、体重を細かく気にしすぎるということ。
毎日体重を計って、100gでも増えていたら気分はブルーに。
もっとストイックにやらなきゃ! と思い、自分で自分にプレッシャーをかけてしまうタイプです。

ダイエットをして○キロ痩せるという明確な目標は、やる気につながるため確かに大切です。
でも、数字にばかりとらわれて、本質的なことを忘れていませんか? 

ダイエットは、体重を減らすというより、見た目をスリムにすることの方が重要です。
だから数字ばかりにとらわれている人は、カラダにフィットする洋服を着てみたり、全身鏡でこまめに体型をチェックしたりと、自分の見た目とも向き合うようにしましょう。
体重は落ちていないけどお腹がへこんできた! といった変化が見えるかもしれません。

夢見がちな性格:「目指す目標が高すぎる」

ダイエットをするときに設定する目標ですが、ちゃんと自分に見合った目標を立てているでしょうか? 
夢見がちさんにありがちなのは、「モデルの〜さんのような体型」と設定すること。
スタイル抜群のモデルさんの体型を憧れるのは分かりますが、彼女たちはプロです。
生まれつきのカラダつきが違ったり、専属トレーナーがいたりとダイエットにも余念がありません。

そんな彼女たちと同じ体型なろうとして相当な努力をしたら、身体を壊してしまうなんてことも起こり得ます。
モデルさんたちは”目標”と設定するのではなく、”憧れ”にとどめておくことです。

目標は、自分と身長が同じくらいの身近な友達や、ワンサイズ小さめのパンツが履けるようになるまで、といった手の届くものを設定しましょう。

内気な性格:「ストレスが溜まって発散できない」

内気な人に多いのが、ストレスが溜まって辛くなるということ。
ダイエットは、常に自分に何かしらの意識をもたせることですから、ストレスが溜まるのは当たり前です。
ストレスが溜まってしまうと気分が落ち込んだり、イライラしてしまってダイエットどころではありません。

これを回避するには、自分に少し寛容になることです。
例えば、○キロ痩せたらケーキを食べる、カラオケで熱唱する、たまにはお酒をいっぱい飲むなど気分を紛らわすことを上手に取り入れてみてください。

一度ストレスが解消されると気分がスッキリして、また明日からもダイエット頑張ろう! と自分への活力になりますよ。

完璧主義な性格:「ルールに縛られすぎている」

完璧主義な人に多いのが、ルールに縛られすぎること。
「1日腹筋100回」「夜は炭水化物を食べない」など、一度決めたルールをやり遂げる人です。

本来ダイエットは痩せて美しくなる自分を想像しながら行う楽しいこと。
なのに、ルールに縛られすぎてしまうと”義務”になってしまって楽しいを感じることができなくなってしまいます。

そして楽しくないことは続けられないのが人間ですから、ダイエットに挫折してしまうというわけ。

ダイエットはゆるく自分のペースでやるのが一番ですが、どうしてもルールがないと落ち着かないという人は、その日に行ったことをノートに記録するのも良いかもしれません。
ルールを守ると達成感に満ちてモチベーションになるからです。

ダイエットは、大前提として自分に合ったやり方で行えているかということが重要。
これは性格によって異なることですから、意識の見直しから必要になってきます。
上記に挙げた原因に注意して対策をしていってください。