本当は幸せになりたいんだけど…。「幸せになるのが怖い理由」5つ

誰もが幸せを願っていると思いますが、その中には、“幸せになりたいと言いつつ幸せになるのが怖い”と感じている人がいるかもしれません。
今回は、「幸せになるのが怖い理由」をご紹介します!

幸せになるのが怖い理由:幸せに慣れていないから

幸せになるのが怖い理由は、幸せに慣れていないからかもしれません。
とある女性は、複雑な家庭で育ったせいか、幸せに対して違和感を覚えてしまうよう。

恋愛でも、絵に描いたような家庭で育った男性と付き合ったとき、彼の話を聞くと違和感を覚えると同時に、一緒にいることを申し訳ないと思ってしまったんだとか。

気づけば「この幸せは偽物なんじゃ……」なんて考えていたそうですよ。

幸せになるのが怖い理由:幸せな状況にいると落ち着かないから

幸せになるのが怖い理由は、幸せな状況にいると落ち着かないからかもしれません。

先ほどの女性も、幸せに慣れていない、違和感を抱きやすいからか、幸せな状況が続くと心も体もソワソワしてしまうんだとか。

結果、心身ともに疲労が溜まり、さらに大きな幸せを求めるどころか、自ら今の幸せを手放したくなったそうです……。

心も体もソワソワしてしまうなら、定期的に1人の時間を確保したいところ。
上手く自分のバランスを取りながら、幸せと向き合っていきたいですね!

幸せになるのが怖い理由:幸せを失う不安を抱えているから

幸せになるのが怖い理由は、幸せを失う不安を抱えているからかもしれません。

とある心配性な女性は、仕事も恋愛も充実し、幸せを感じていたとき、ふと「いつかこの幸せを失うんじゃないか……」と悲しくなったそうです。
この日をきっかけに、幸せになり続けるのがとても怖くなってしまったんだとか。

幸せを失う不安は誰もが多少は持っていると思いますが、失う不安は自分が勝手に作り出したもので、現実世界で起こっていませんよね。
ないものに捉われるより、あるものをどうしたら大切にできるかを考えるべきなのではないでしょうか♪

幸せになるのが怖い理由:変化に怯えているから

幸せになるのが怖いと見せかけて、変化に怯えているだけではありませんか?

幸せになるために、乗り越えないといけない壁があるかもしれません。
その壁が大きければ大きいほど目を背けたくなるもの。
「幸せになるのが怖い」と自分に都合よく考えて、大きな壁から逃げる最適な理由にしてしまっている可能性もあるのでは?

変化に怯えるのは自然なことですが、自分を守り続けるだけでは、いつか限界がくると思いますよ。

いきなり大きな変化に対応するなんて、できないのは当然!
最初は、小さな変化をたくさん起こして、自信を育てることから始めてみましょう♪

たくさんの幸せそうな人と話して、心地よい幸せを見つけよう!

「幸せになるのが怖いけど幸せになりたい」なんて自分の矛盾に悩んでいるなら、自分を変えるのはなかなか難しそうなので、周りから変えましょう。

幸せから遠ざかりたい時期だと思いますが……愚痴ばかり言う不幸な人と居続ければ、なにも変わらないですよ。

愚痴ばかり言う人と会うのは控えて、勇気を出して、幸せそうな人と話してみてください。
幸せにも種類があるので、いろんな幸せそうな人と話すと、恐怖を覚えない幸せが見つかるかもしれませんよ!

幸せに慣れていない人は特に、幸せへの恐怖を薄くするのに時間がかかると思います。
焦らずゆっくり、心地よい幸せを探しに行けばいいのですよ♪
「幸せになるのが怖い理由」を探ってみました。自分に合う幸せは必ずあると思います。
それはテレビやネットにもヒントが隠れているかもしれませんが、「幸せを見つけたいなら行動が必要」だということを忘れないでください。
あなたにとっての幸せが見つかりますように♪

【関連記事】幸せになるために減らすべきこと4つ

幸せになるためには、今持っていないものが必要だし、増やすことが重要と考えている人が多い...

幸せ 怖い 理由

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる