冷房よりも暖房の方が高いってホント!?面倒なことはしない節約術

Cover image: www.amazon.co.jp

意外に思うかもしれませんが、暖房は冷房よりも電気代がかかります。
「節約したい!」とは言っても、家の中で着込んだり、湯たんぽを使うのは面倒ですよね。
面倒なことをせずに、冬の暖房代を節約する方法をご紹介します♡

意外!冷房と暖房の電気代の違いとは

暑い夏に、「今月はクーラー代がかさんでしまった!」などといった会話をしていたのが、記憶に新しい人も多いですよね。

でも実は意外なことに、夏に使用する冷房よりも、寒い冬に使用する暖房の方が代金が高くなってしまうのです。

意外に思う人の多いこの金額の差ですが、それはどうしてなのでしょうか?

その理由は、冬の方が外気と室内の温度差が大きいから。この温度差を埋めるために、電気代がかさんでしまうんですね。

手間いらず♪暖房代を節約する方法:カーテンやブラインドをうまく使う

外気と室内の温度差を少しでも埋めるために、カーテンやブラインドを使って電気代を節約する人は多いですよね。

これらのアイテムは、外からの冷気をシャットアウトする定番の方法。しかし、ただカーテンやブラインドをつければいいだけではないのです!

実はカーテンやブラインド選びには、「色」がとても重要な役割を果たしています。
人間は、赤に囲まれた部屋では体感温度が上昇するといわれていますが、これは赤の光が「交感神経」を刺激し、て脈拍や体温が上がることで、血流が良くなることで起こります。
こうした色がもたらす効果を、カーテンに置き換えれば様々な効果を得ることができますよね。

部屋を暖かくする効果のある暖色系を中心に、カラー別の効果をご紹介していきます。

カーテンやブラインドの色別の効果:ピンク

www.amazon.co.jp

ピンクは、恋愛や幸せ、思いやりなどの“女性らしさ”を象徴するカラーです。

恋愛の木が上昇するだけではなく、女性ホルモンのバランスを整えたり、女性らしさをアップしてくれる効果も期待できますよ♡

女性を、健康的で魅力的に見せてくれるピンクのカーテンを使用すれば、暖かさを期待するだけではなく、可愛らしい空間を演出することができます。

カーテンやブラインドの色別の効果:オレンジ

www.amazon.co.jp

太陽のようなあたたかいエネルギーを与えるオレンジは、室温を左右してくれるだけではなく、会話がはずんで明るい気分になるカラーです。

食欲増進効果や癒しの効果も得られるので、疲れを感じている人にもオススメですよ。

カーテンやブラインドの色別の効果:赤

www.amazon.co.jp

体温を上昇させてくれる赤は、血や肉、熟した果実を彷彿とさせるカラーです。

強いエネルギーを感じる、エネルギッシュな空間を演出してくれるので、目標に向かって頑張りたいときには、赤いカーテンを使用するのがオススメですよ♡

カーテンやブラインドの色別の効果:黄色

www.amazon.co.jp

自然光に最も近い色である黄色は、希望と知性を照らすカラーです。
ぬくもりを感じる自然光を体感できるだけではなく、実は便秘解消の効果もあるんですよ。

簡単にできる♪暖房代を節約する他の方法

カーテンやブラインドの色を使った節約術だけではなく、他にもまだ手間いらずな節約法が存在しています。

・弱運転ではなく、自動運転を使用したほうが、電気代がからない
・お部屋がフローリングの場合は、冬の間だけ絨毯を活用する
・外出10分位前には切っても体感温度は変わらないので、暖房器具の電源は外出するよりも早い段階で切る

こうした節約法なら、めんどくさがりさんでも簡単に実践できますよね♪
これから迎える寒い季節は、実は一年のうちでもっとも電気代がかかる時期。
毎日欠かさず出来る節約法を実践して、去年の電気代と見比べてみてくださいね♪

毎日のちょっとした工夫で貧乏脱出!プチ節約の方法4つ

暖房 方法 節約 高い 冷房 比較 部屋 インテリア お金

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる