ただ打つだけじゃダメ?美容点滴の効果を持続させるためのコツとは

BEAUTY

美容医療が注目されている今、最も気になるのが「美容点滴」。
点滴?痛くないの?聞いたことはあるけど、"実際どうなんだろう?"という人に向けて、私が医学部で学んだ知識を用いて「美容点滴」のご紹介をしていきます♡

白藤里奈
白藤里奈
2016.09.30

モデルさんの間でも流行っている「美容点滴」!

「美容点滴」はモデルやアスリートが多く通っています。美肌、疲労回復、肌荒れ改善など即効性を求めるならば、この「美容点滴」が最適なんだとか!

美容点滴とは、体内で不足している栄養素を点滴によって直接血液に流し込むことで、サプリより効果的に栄養素を補給する方法。

点滴時間も30分以内が多く、点滴中は過度な運動でなければ携帯を見たり本を読むことも可能!とっても手軽に受けれちゃう美容医療なんです♪

「美容点滴」はなぜサプリより効果があるの?

体内での栄養素は血液を通って標的臓器に向かいます。

美容点滴の成分に多く含まれている「ビタミン」は肝臓で代謝されますが、門脈という栄養血管を通って肝臓へもやってきます。つまり、血液に直接入れたビタミンなどの栄養は、サプリと異なり、ほとんどがきちんと肝臓に届いてくれるんですね♡

また美容点滴に多く含まれる「水溶性ビタミン」、例えばビタミンCなどは、いくらとっても取りすぎによる過度な病気の心配もありません。

「美容点滴」の種類と費用、持ち

「美容点滴」は主に肌荒れ、にきび改善を目的とした美肌ビタミン、疲労回復に効果的なビタミン、血行促進や新陳代謝を高めることを目的としたにんにく注射、などがあります。

そのビタミンの主要な作用がこちら

□ビタミンB1:疲労回復、ストレス解消→疲労回復
□ビタミンB2:皮膚と粘膜の保護→肌質改善
□ビタミンC:免疫力を高める、抗酸化作用→日焼け
□ビタミンB6:皮膚炎の予防→にきび改善

一番安価なのは「プラセンタ注射」で1回3,000円ほど。肌のハリ・ツヤや疲労回復に効果があります。プラセンタには、アミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸など栄養素が豊富に含まれています。

そして、知名度も高くアスリートも多く打っている「にんにく注射」。費用はプラセンタ注射の倍くらいかかりますが、疲れやだるさの原因である乳酸を壊す「ビタミンB1」が多く含まれています。疲労回復と美肌効果に即効性があります。

他にも、一回15,000円くらいかかってしまいますが、抗酸化作用を持ち、美肌に最も必要であるビタミンCを直接体内に注射する「ビタミンC」点滴もあります。美肌だけでなく疲労回復や免疫アップなど様々にオールマイティに対応できる優れもの♡

各々の症状にあわせて使い分けてみてください。

美容点滴は、だいたい週1のペースで継続的に行うことが理想的です。ビタミンC点滴の場合は月2回の施術が理想とされます。

美容点滴を受ける際の注意点

✔︎美容点滴は「継続が大切」
→高い効果をより持続させたいのであれば、定期的に美容点滴をしに行く必要があります。

✔︎献血ができなくなる
→日本赤十字社からのルールにより「プラセンタ注射」などの胎盤エキスを注射した場合、献血は出来ないことになっています。

✔︎プラセンタの注射にはリスクが付き物
→ビタミン剤や栄養剤の点滴と異なり、プラセンタ注射は本来、皮下注射や筋肉注射によって最大の効果が出るように作られたもの。静脈注射の場合その効果が薄くなる可能性があります。

美容医療はメリットはとっても大きいけどリスクもあるもの。よく調べて、やりたい施術を安心できるクリニックで行ってくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。