おしゃれな世界観にうっとり♪クリスマスがテーマのおすすめ映画

LIFESTYLE

今年も、年に一度のクリスマスがやってきますね♡
そこで、家族や恋人と一緒に観たくなるおしゃれなクリスマス映画を6つご紹介します。
観たことがある映画もない映画も、ぜひ手にとってみてください。

クリスマスがテーマのおしゃれな映画①アメリカでも有名な「クリスマス・キャロル」

引用:www.amazon.co.jp

クリスマスになると観たくなる映画にランクインするほど有名な作品が、「クリスマス・キャロル」です。

こちらは、1843年に出版された小説を元にした映画なんです。

主人公は、スクルージという強欲で気難しい男性。その彼の前に、クリスマスの前夜、3人の霊が現れるのです。3人の霊は、過去・現在・未来の姿をみせ、スクルージの生き方を改めようとするお話になっています。

その後、彼はどんなクリスマスを過ごすのでしょうか?♡

クリスマスがテーマのおしゃれな映画②笑って泣ける名作!「クーパー家の晩餐会 」

引用:www.amazon.co.jp

豪華な名優たちが集められ、最高のクリスマス映画になった作品が、「クーパー家の晩餐会」です。

幸せなこともひやひやすることも、全部詰め込まれている感動映画になっているんですよ♪

年に一度、クーパー家の人々が集まる日は、クリスマスイブの夜でした。
目の前には、代々伝わる豪華な料理が並べられており、集まった家族はみんな笑顔なのですが、その笑顔の裏には、誰にも言えない秘密があったのです……。

特別な一日をどう乗り切るのか、ドキドキがとまらない映画となっています。

クリスマスがテーマのおしゃれな映画③サンタさんの誕生秘話!「サンタクロースになった少年」

引用:www.amazon.co.jp

「サンタクロースになった少年」は、2007年にフィンランドで公開された映画です。

この作品では、サンタクロースの誕生秘話がオリジナルストーリーで描かれているんですよ♡

主人公は、交通事故で両親と妹を失った幼いニコラスです。
村の人々は、一年交代でニコラスの面倒を見ており、クリスマスは新しい家族の場所へ移る日でした。そこで、お世話になった子供たちにお礼のおもちゃを置いていくようになったことが始まりとなります。

サンタクロースはなぜサンタクロースになったのか、少年時代の切なくも心温まるストーリーに、感動がとまりません。

クリスマスがテーマのおしゃれな映画④幅広い世代いから大人気!「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

引用:www.amazon.co.jp

世界中で大ヒットとなり、今でも子供に受け継がれている作品が、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」です。

観たことがある!という方も多いのではないでしょうか♡

人を驚かせることが大好きなハロウィンタウンの住人たちは、ある日森の奥にある扉を見つけます。その扉を開けると、クリスマスタウンという別世界が広がっていたのです。

ハロウィンタウンの住人たちもクリスマスを作ろうとしますが、クリスマスが何かわからないまま準備を進めていました。
果たして彼らのクリスマスは成功するのでしょうか……ドキドキ、ワクワクが止まりません♪

クリスマスがテーマのおしゃれな映画⑤心温まるストーリー「クリスマスのその夜に」

引用:www.amazon.co.jp

「クリスマスのその夜に」は、キッチン・ストーリーや、ホルテンさんのはじめての冒険などで有名なベント・ハーメル監督が手掛けた作品です。
クリスマスイブに起こる複数の物語を繋いでいる感動映画になっているんですよ♪

舞台は、ノルウェーの小さな町。
年に一度の大切な日を、特別な人と過ごしたいと思いながら、懸命に生きる人々の様子が描かれています。

そんな彼らは、クリスマスイブの夜、素敵な出来事に遭遇するのです。
じわじわと感動がこみ上げ、ストーリーの先が気になる作品になっています。

クリスマスがテーマのおしゃれな映画⑥さまざまな恋愛をテーマにした「ラブアクチュアリー」

引用:www.amazon.co.jp

クリスマスの定番作品として世界中で愛されている映画が、「ラブアクチュアリー」です。

男女19人の恋物語が、同時進行で描かれているんです。

舞台は、クリスマスのロンドン。イギリスの首相と秘書の許されない恋や、妻子がいる身でありながら会社の部下に惹かれていく男性、最愛の妻を亡くした男性とその義理の息子との家族愛など、純粋な恋愛や難しい恋愛をテーマにストーリーが進みます。

それぞれのストーリーがどうなっていくのか……ハッピーな結末に笑顔が止まりません♡

クリスマスになると観たくなる、おすすめ映画をご紹介させていただきました。
どの作品もおしゃれな世界観が広がっているんですよ♡
大切なことや人を改めて感じることができるので、ぜひ観てみてくださいね。