身だしなみの一つ!気になる体臭の部位とその改善法とは?

BEAUTY

見た目が素敵♡中身も素敵♡でも……体臭が……!
様々な場面で人と関わる時に、自分自身や他人の体臭が気になったことはありませんか?
今回は、体の様々な部分の体臭の原因やその対策法などをご紹介していきます♪

女性として、人として、体臭が気になる。

匂いは、人の記憶に残りやすく、人の匂いそのものが、その人の印象として植えつけられることも少なくはないもの。

いつも良い匂いがする人は、それだけで良い印象を持ちませんか?
逆に、変な臭いがする人には、できるだけ近づきたくなかったり……。

汗をかいた時や人と近づいた時など、自分の体臭が気になることもありますよね。
足、脇、口臭など、特に恋愛においては、匂いでその後の進展が左右されることもしばしば。

人間は生きるために、汗をかいたり呼吸をしたり、食べ物を食べたりしますが、その生命活動によって、気になる臭いも発生してしまうことが多いよう。

多少の体臭は避けようが無いかもしれませんが、人に不快感を与えてしまう程の臭いまでにしないように、予防することはできそうですよね♪

体臭が気になる部位①脇

脇は鼻から近いために臭いを敏感に感じやすく、気にしている方も少なくないですよね。
脇の臭いは、汗のせいだと思いがちですが、直接的に汗が強い臭いを発する訳ではないようです。

脇には常在菌がいるのですが、汗をかくほどに、汗や皮脂などの老廃物をエサにして、その細菌が繁殖したのち、細菌が汗や皮脂を分解して発酵臭を発生させるんだとか……!
その発酵臭が、臭いの原因となり、人々を悩ませるのですね。

対策としては、脇の通気性をよくしたり、こまめに汗を拭くようにすること、また、動物性脂肪の摂取を控えることも効果的なよう♪

動物性脂肪をたくさん摂取すると、皮脂腺からの脂肪酸の分泌が活発になり、細菌の繁殖を手助けすることに繋がってしまいます。
また、脇にはアポクリン汗腺という汗腺があり、脂質、糖質、アンモニア、タンパク質などを汗と一緒に排出します。

動物性脂肪は、そのアポクリン汗腺を発達させる原因にもなるようなので、臭いが気になる方は、動物性脂肪の摂取を控えるようにすると良いようですよ!

体臭が気になる部位②口

人と会話をする時などに気になるのは、口臭ですよね!
実は口の中には、肛門よりも多くの細菌がいるんだとか……!

舌の上が白くなってしまった経験がある方はいますか?
これは「舌苔(ぜったい)」というもので、口内細菌が剥がれた細胞や食事のカスなどに繁殖したもの。
白いものが一般的ですが、喫煙者などは黄色い舌苔ができることもあるようです。
この舌苔の発生が、口臭を引き起こす一番の原因なんだとか。

舌苔は、免疫力が下がったていたり、口の中が乾燥気味だったりすると出来やすくなるようです。
睡眠をしっかりとり、栄養バランスの良い食事をとるように心掛けると良いでしょう♪

また、自分の口臭には自分で気が付きにくいのですが、これは嗅覚疲労といわれる現象で、臭いが臭すぎて嗅覚が疲れて麻痺してしまっている状態のようです。
自分の息が臭いかどうか判断したい場合は、マスクをして鼻まで覆ってみましょう。
そうすると、吐息が鼻に大量に入るので、いくら麻痺しているとはいっても自分の口臭がわかるようですよ♪

体臭が気になる部位③足

足が蒸れると、臭いが発生してしまうことがありますよね!?
足の臭いも、汗が雑菌を増やし、雑菌が原因で臭いが発生するようです。

また、足が蒸れるような環境では水虫菌が繁殖しやすく、水虫に感染してしまうことも少なくないようです。
水虫の場合は、きちんとした治療を受けなければ治らないので、皮膚科へかかる必要があります。

対策として、通気性の良い靴を履くことや、毎日同じ靴を履かずに違う靴を履くこと、そしてしっかりと乾いた清潔な靴下を履くことなどが挙げられます。
毎日同じ靴を履いてしまうと、靴自体が雑菌だらけになり、その靴を履いてしまうことで足が臭くなってしまうことも……!

また、臭いを抑えるためには、足そのものを清潔に保つ必要があるので、ちゃんと足を洗うことも重要です!
ゴシゴシ洗うのではなく、泡を付けて指の間や爪周りも手で優しく丁寧に洗うのが良いのだそう♪

お湯に重曹を溶かして、その中に足を浸けるのも効果的なようなので、足の臭いが気になっている方は、是非試してみて下さい♡

体臭が気になる部位④デリケートゾーン

デリケートゾーンの臭いは、女子を悩ませる大敵ですよね。
恥ずかしくてあまり人に言えませんが、場所が場所なだけに雑菌が繁殖しやすく、お悩みを抱えている方も少なくないよう……!

あまりにも臭いがキツかったり、オリモノがいつもと違うなと感じたら、膣炎や何かしらの性感染症に感染している可能性があるので、婦人科を受診することをオススメします。

それ以外の臭いの原因としては、経血やオリモノ、汗などが原因で雑菌が増殖し、臭いのもととなっていることが多いんだとか。
こまめに拭き取ったり、トイレのビデ機能を使用するなどして、いかに清潔に保つかが重要です。

通気性の良い下着を身に着けることや、オリモノシートを装着する際には、こまめにオリモノシートを取り換えることを心がけると良いようです。

また、お風呂に入る際に、デリケートゾーン専用の石鹸などを使用するのも、臭い対策には効果的でしょう♡

体臭が気になる部位⑤頭皮

頭皮の臭いは、自分では気が付きにくいものですが、他人からは気付かれやすいんだとか!

頭皮の臭いの原因として、頭皮の皮脂汚れが原因であることが多いよう。
動物性脂肪の摂取を控えることや、洗髪する時にきちんと頭皮を洗うことを心がけると良いでしょう♪

そして、意外と見落とされがちなのが、シャンプーやトリートメントの残りカスによるものです。
シャンプーやトリートメントをしっかりと洗い流さなければ、雑菌のエサとなり、雑菌が増殖してしまい、臭いの原因に……!

また、お風呂上りに髪を乾かさないでいると、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖してしまう原因となってしまうので、ドライヤーできちんと乾かすようにしましょう♪

体臭が気になる部位⑥耳の後ろ

耳の後ろには皮脂腺が多いこともあり、皮脂や垢が溜まりやすいようです。
そして垢が溜まってしまうと、やはり雑菌が増殖してしまい、臭いの原因となってしまいます。

お風呂で体を洗う時には、耳の後ろもちゃんと洗うように心掛けましょう♪
耳を軽くマッサージしながら洗うと、リンパの流れも良くなって、一石二鳥です♡

また、運動後などに汗をかいた時、タオルやウェットシートなどで、耳の裏をささっと拭くだけでも、臭いを抑えられます。

皮脂はストレスでも分泌量が増えてしまうことがあるので、ストレスを溜めないことも、臭いの予防に繋がるようですよ♪

体臭が気になる部位⑦首筋

首は、非常に汗の分泌量が多い部位なんだそう。
夏場は首回りが丸出しになるので、臭いも周りに伝わりやすくなってしまいますよね……!
首も他の部位と同じで、汗をかくと臭いが発生してしまう原因となり得るので、首の汗をこまめに拭くようにすると良いでしょう♪

また、局所性多汗症というある特定の場所だけ、やたらと汗がでる症状が原因である場合もあります。
首全体が汗をかくのではなく、首の前の方は汗をかかないけど後ろの方は汗だく……といった場合は、局所性多汗症である可能性が高いよう。

この場合は、汗が出ている部分だけを冷やしてしまうと、立ちくらみが起きてしまう可能性があるらしく、首周り全体を冷やすのが良いようです。
最近では、冷感素材でできた、水に濡らして首に巻くスカーフのようなものが出回っていますよね♪
そういったものを使用すると、首回りを冷やし、首の発汗を抑えることができますよ♪

体臭が気になる部位⑧手

手汗が原因で、手が臭くなる事があります。
石鹸で手を洗うと、臭いがしなくなりますが、ちょっと時間が経つとまた臭い出すことも……!

また、たばこを吸っている方は、手にたばこの臭いが付いてしまったり、魚を触ったことで手が生臭くなったりもしますよね!?
しかも、これまた石鹸で洗ってもなかなか臭いが落ちないことが多いんですよね。

こういった臭いをとるために、オススメの方法があります♪
それは、レモンやオレンジなどの柑橘類の汁を使った方法です。
柑橘類に含まれるクエン酸には殺菌効果があり、臭いを消してくれるんだとか♪

①まず石鹸で手を洗い、タオルでしっかりと拭く。
②手に、柑橘類の汁を小さじ1程度垂らし、手の全体に擦りこむ。
③水で洗い流して、タオルで拭く。

これだけです。簡単ですよね♪
柑橘系の成分が入っているハンドソープや、濃縮された柑橘系の汁、また、オレンジの皮から絞り出された「オレンジスイート」というアロマオイルが売られています。
それらを使用すると、いちいち汁を絞る手間が省けるので、オススメです♡

体臭が気になるなら専門クリニックへ相談を

ワキガなど、自力ではなかなか解決が難しい体臭もありますよね。
そういった場合は、専門のクリニックで治療してもらうことも、一つの解決方法です。

皮膚科や内科でも、体臭に対応してくれる病院はあるようですが、総合病院や、臭い専門のクリニックに行くと、原因が判明しやすいようです。

・五味クリニック(東京、大阪)
・赤坂CSクリニック

これらのクリニックでは、体臭のお悩みに対応してもらえるようですよ♪

いかがでしたか?
体臭のお悩みを抱えたままでいると、人と関わるのが億劫になったり、自信を喪失してしまいかねませんよね……!
それでは日常生活を送ることが困難になってしまいますし、恋愛も難しくなってしまいます。
臭いは、食事やストレスなど様々なことが原因となるので、まずは日頃から、生活習慣を正すことを意識して、次の手を考えましょう♪