口内炎で悩む前にすぐ読んで!実は簡単にできる対処法と予防法♪

BEAUTY

誰もが一度は経験したことのある、口内炎。
食べ物や歯みがき粉でしみることもあり、憂鬱になってしまいますよね!
今回は、口内炎ができた時の対処法と口内炎になる前にできる予防法をご紹介します♪

辛い口内炎の対処法と予防法の鍵は原因にあり!

口腔内の粘膜に病変がおこり、炎症している状態が口内炎。
赤くなったり、腫れたり、痛みをともなうことがあり、食欲不振や味覚が鈍くなるなど、治るまでの気分が憂鬱ですよね!

そもそもなぜ、口内炎はできてしまうのか?
一言で口内炎と言っても原因はさまざまで、特に下記が挙げられます。

・歯で思わず噛んでしまったところに傷ができ、そこから菌が侵入
・食生活の偏りによる栄養不足
・疲労やストレスによる免疫力の低下
・入れ歯や矯正器具、熱い食べ物などによる口内の粘膜への刺激

身近な原因ばかりなので、予防法をしっかり身に付けておくことが大切。
それと同時に万一なってしまった時の対処法もしっかりチェックしておきましょう♪

口内炎ができた時の対処法①洗口剤で口をゆすぐ

まずは、口内炎ができた時の対処法から見ていきましょう。

一つ目の対処法は、洗口剤で口をゆすぐこと。
口内炎で潰瘍を形成すると、2次的に細菌の感染が起こるといわれています。

そのため、イソジンや殺菌成分が含まれている洗口剤で口をゆすぐことが効果的!
予防にもぴったりなので、日常に積極的に取り入れてみてください♡

口内炎ができた時の対処法②市販薬を使う

続いての口内炎ができた時の対処法は、市販薬を使うこと♪
口内炎の炎症を抑制する成分や、悪化のもととなる細菌の繁殖を抑制する成分を含んだ口内炎専用の市販薬が販売されています。

それぞれの効果に特化した薬もあれば、両方含まれている薬も。
症状に合わせてぴったりのものを選んでみてください。

また、薬の中でもクリームタイプやスプレータイプ、パッチタイプなどが!
特にパッチタイプは、口内に貼るだけで痛みを和らげてくれるのでおすすめです♡
できはじめの予防にもぴったりなので、ぜひ。

辛い口内炎ができる前の予防法①殺菌作用のある歯磨き粉を使用する

ここからは、口内炎になる前にできる予防法をご紹介♪
まずは毎日のケアとして、殺菌作用のある歯磨き粉を使用しましょう。

口内環境が不衛生だと菌の数が増え、ちょっとした傷でも口内炎になるリスクが!
雑菌作用のある歯みがき粉で菌の繁殖を防ぎ、口内炎になるリスクを抑えられます。

加えて、こまめなうがいを取り入れるのもポイント。
口内環境をより清潔に保つ為、口内炎になりにくくなるんです♡
万が一、口内炎になってしまった場合の対処法にも◎

辛い口内炎ができる前の予防法②ビタミンを積極的に摂取する

食生活の見直しも、口内炎の予防には大切なんです。
偏った食生活を続けていると必要な栄養素が足りず、栄養不足や免疫力の低下に!
よって、口内炎ができやすくなってしまいます。

特にビタミンB2が不足すると、皮膚や粘膜に炎症が起こりやすくなるので、口内の粘膜を修復する作用があるビタミン類を積極的に摂取するのがおすすめ♪

バランスの良い食生活は、口内炎の対処法にもつながります。
サプリメントやドリンクなどのビタミン剤を補助的に摂取してみては?

辛い口内炎ができる前の予防法③唾液の分泌を促す

唾液の分泌を促すことも、口内炎の予防には最適。
ストレスや薬などによって唾液が減少してしまうと、口内は乾燥した状態になります。
口内が乾燥していると、食べ物や歯が直接粘膜に当たり、傷ついて口内炎になる危険性が!

口の乾燥や唾液の減少を少しでも感じたら、食べ物をよく噛んだり、ノンシュガーのガムを噛むようにして唾液の分泌を促して対処しましょう♪

辛い口内炎ができる前の予防法④睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかりとることも、口内炎予防には重要♪
不規則な生活は、免疫力が低下し口内炎になりやすくなるんです。

たっぷりと睡眠をとり、身体と心を休ませてあげて!
口内炎の対処法としても有効です。

寝付きの悪さに悩んでいる人は、リラックス効果のあるハーブティーやアロマを焚いたりと自分のリラックスできる環境を見つけることから始めてみて♡

辛い口内炎ができる前の予防法⑤刺激物を避ける

口内炎の予防法として有名なのは、刺激物を避けること。

同じところを何度も噛んでしまう、傾いた歯が舌や粘膜に当たっている、入れ歯や矯正器具が当たっている人は、一度歯科で見てもらいましょう♪

また、熱い食べ物や、タバコ、アルコールなども刺激物!
しっかり冷ましたり、控えることで、口内炎になるリスクを対処できますよ。

口内炎の対処法と予防法をご紹介しました♡
日頃からのケアに気を付けていれば、ぐっと発症をおさえることができる炎症。
すぐに対処すれば悪化を防ぐこともできるので、ぜひ覚えておきましょう♪