「私の耳の形、変じゃないかな……?」よくある悩みと改善方法

「私の耳の形、変じゃないかな……?」よくある悩みと改善方法

BEAUTY

自分の耳の形が気になるという方もいるかと思います。

「なんだか他の人と形が違う……。」
「人より大きい気がする……。」
「人より小さい気がする……。」
「なんだかお猿さんみたい……!」

一度気になってしまったら、どんどん気になってしまい、コンプレックスとなってしまっていませんか?

今回、様々な耳のお悩みや、その原因や解決方法などを含め、“耳”についてお話しします♪

耳の平均サイズと一般的な形状

同じ人間でも、国の気候や人種などによって、進化の仕方が異なるので、耳の大きさや形に大きな違いがありますよね。

そのため、その国によって、一般的な耳の形や大きさも異なり、理想とする形も違うようですよ。

白人の方の、頭蓋骨に対しての耳の角度の平均は、だいたい30度で、日本人の耳は、80度くらいの角度で付いているんだとか。

同じ日本人でも形や大きさが異なるので、そもそも“一般的な形状”というものは無いに等しいのですが、日本人に一番多いといわれている耳の形が、“三日月耳”と呼ばれる形。
三日月耳は、縦に長く、丸みを帯びた形の耳です。

そして、日本人の平均的な耳の大きさですが、成人男性が約65mm、成人女性が約60mmくらいだといわれています。
だいたい6歳になる頃には、成人の耳の9割の大きさになるようです。

耳の形状で性格がわかるって本当?

人相学や、耳占いでは、耳の形状から性格や素質などを推測しますよね。
耳の形が似ていると、耳のDNAの特徴が似ているので、その他の素質も似ているかも……!?ということなのでしょう♪

そして人相学では耳は、先祖から引き継いでいる、生まれ持っての素質や生命力、そして運などを見通す部分とされています。

耳が大きい人は、責任感が強く、情に厚く面倒見も良いため、リーダー肌な方が多いようです。

計画的で理論的ですが、ヒステリックになってしまいやすい傾向もあるんだとか……。

耳が小さい人は、感性が豊かで、芸術的センスに優れている方が多く、アーティスティックな方法で自己表現するのが好きな方が多いようです。

しかし、自己中心的になりがちで、浪費する傾向もあるんだそうです……。

しかしこれには生物学的な根拠はなく、あくまでも占いのようなものなので、参考程度に楽しむくらいが良いかもしれませんね♪

年齢とともに大きさや形状は変化するの?

耳の形や大きさが変わっていくことがあります。

「お年寄りの方は、耳や鼻が大きい」というイメージを持っている方もいるかと思いますが、加齢とともに耳が大きくなるというのは、皮膚が垂れてくるためのよう。
鼻が大きくなるのも同じ理由のようです。

耳の形は、寝相や帽子など、毎日の生活の中で、主に耳を圧迫することによって多少変化していくんだとか。

生まれつき、少しだけ左右の耳の形や大きさが違う人の方が多いですが、それ意外での左右の耳の違いは、寝相の癖による影響であることが多いようですよ。

耳の形だけではなく、顔の形も変わってきてしまうので、どちらか一方ばかりを向いて寝ている方は注意しましょう。

耳の形に関する悩み①柔道耳

柔道をやっている方の耳は、腫れているように、形が変わっている方が多いですよね。

柔道では、寝技を行う際に耳が床に擦れたり、相手の腕や頭などで耳が圧迫されることによって、耳が内出血し、それを何度も繰り返すうちに血腫となり、どんどん耳の形が変わってしまうんだそうです。

正式名称は耳介血腫(じかいけっしゅ)といって、柔道耳や餃子耳、カリフラワー耳などとも呼ばれています。
体質によって、なりやすい方となりにくい方がいるよう。

また、耳介血腫は柔道に限らず、レスリングやボクシングなどの格闘家や、ラグビー選手なども耳介血腫になりやすいようです。

耳を保護するための、ドーナツ型のカバーのようなものもあるので、それを使用している女子も多いんだとか。
気になっている方は、そういったもので保護してみるのも手ですね♪

耳の形に関する悩み②サイズが小さい

耳が小さいことによって、お悩みを抱えてしまっている方もいますよね。

具体的なお悩みとしては、以下のようなものがあります。

・イヤホンのサイズが合わないことが多い。
・美容院でカラーリングなどをしてもらう際に、耳キャップがすぐに落ちてしまう。
・髪を耳にかけても、すぐに落ちてきてしまう。
・ピアスの穴を開けづらい。
・音を集める面積が少ないので、耳が大きい人よりも音を拾いづらい。
・顔が大きく見えてしまうと感じる方もいる。

イヤホンや美容院での耳キャップは、これで話が盛り上がっちゃうほどの、“耳が小さい人あるある”ですよね!

イヤホンは、耳の穴の形状に合わせて形が変わる、シリコン製のものを使用すると良いようです♪

耳の形に関する悩み③サイズが大きい

先ほどとは逆で、耳が大きくてお悩みを抱えてしまう方も居ますよね!

サイズに関わらず、頭蓋骨に対して耳が横に突き出ているような“立ち耳”と呼ばれる耳の方は、耳が目立つために大きく見えるので、それが嫌だ!と感じている方も少なくないようです。

髪で耳を隠したくて、ヘアースタイルの幅が狭まってしまうので、オシャレを存分に楽しめないという方も。

また、耳が大きいとお猿さんのように見えるから嫌だ……と感じている方もいます。実際、耳が大きい方で、このように悩む方が多いように思います。

耳が大きめでも、可愛かったり綺麗である芸能人は沢山いるので、素敵な個性として捉えることもできそうですね♡

耳の形に関する悩み④耳たぶが裂けている

耳垂裂(じすいれつ)と呼ばれる、耳が避けてしまっている症状があります。
耳たぶが生まれつき割れてしまっている、“先天性耳垂裂”と、ケガによって耳たぶが裂けてしまう“後天性耳垂裂”(外傷性耳垂裂)とに分けられます。

後天性耳垂裂は、ピアスの装着時に、子どもがピアスを引っ張ったり、ピアスが服などに引っかかり、耳たぶが引っ張られることが原因で起きることが多いようです。

以下のような状態の方は、耳垂裂になりやすい傾向にあるようなので、気をつけましょう!

・ピアスの穴が膿んでしまうことが多い。
・耳のふちのギリギリに穴を開けている。
・重いピアスを付けることが多い。
・ピアスを外すことなく、そのまま寝ている。
・ピアスをしたままお風呂に入っている。

ピアスが何かに引っかかって、一気に裂けてしまうこともありますが、大抵の場合、長い時間をかけて裂けていくので、痛みがなく「気が付いたら裂けていた……!」ということが多いようです。

気が付いたら耳たぶがさけているなんて、びっくりしてしまいますよね!
ピアスをつけっぱなしにするのは、衛生面でも良くないので、手間でもキチンと外すようにすることをオススメします♪

耳の形に関する悩み⑤副耳がある

“副耳”というものをご存知でしょうか?
“福耳(ふくみみ)”ではなく、“副耳(ふくじ)”です。
副耳は、耳の前からほっぺたの間にできる、いぼ状に突起した出来物のことで、先天性のものです。

個数や大きさには個人差があり、柔らかいものは皮膚だけのもので、固くしこりのあるものは、中に軟骨が入っているものだそう。

副耳は特に害があるものではありませんが、副耳の根元には湿疹ができやすいことや、容姿的な理由で取り除く方が多いんだとか。

大体、100人に1.5人くらいの割合でできる方がいるようで、そんなに珍しい症状ではないようですよ。

また、副耳があると生まれた瞬間にわかりますが、手術に耐えられるくらいの体力と、免疫力が付いてからでなければ手術を受けることができないので、少し成長してからの施術になるようです。

耳の形に関する悩みを解消する方法①耳を引っ張る

耳の大きさを変えようとして、耳を引っ張る方がいます。
確かに、毎日ちょこちょこ引っ張っていると、皮膚がのび、少しだけ耳が大きくなることはあります。

しかし、大きくなるというよりは、「伸びる」「垂れ下がる」という感じになりますし、効果はあまり期待できないようです……。

福耳になりたい♪と耳たぶを引っ張る方もいますが、実は福耳は、単に耳たぶが大きいことではないようです!
耳たぶが垂れさがっているのではなく、真横の顔とくっ付いている、耳たぶ部分の大きい耳のことを、福耳というようです。

なので、耳たぶを引っ張って、耳たぶを垂れさせたところで、福耳にはなれないということですね……!

耳の形に関する悩みを解消する方法②専門クリニックや美容整形外科に相談する

どうしても耳のお悩みを根本から解決したい!と思う方は、専門のクリニックや、美容整形外科クリニックなどに相談することも手です♪

上記でご紹介した、耳介血腫、耳垂裂、耳が小さかったり大きかったりすることによるお悩みに対して、美容整形外科、形成外科、皮膚科などで対応してもらえるようです。

副耳に関しては、先天性のものなので、小さいうちに、親が小児外科や形成外科などで対応してもらうことが多いようですが、大人になっても副耳がある方は、こちらも皮膚科や美容整形外科、形成外科などで相談してみると良いでしょう♪

以下のクリニックなどがあります♡
・たか子クリニック(渋谷)
・高須クリニック
・アイシーメディカルクリニック新宿(IC Medical Clinic)
・湘南美容外科クリニック

具体的な治療法などは、個々の状態によっても変わってくるので、気になっている方は、まずは信頼できるクリニックへ相談しに行くと良いでしょう♪

また、クリニックによって対応できるお悩みが違ったりするので、電話等で問い合わせてから行くと安心ですね♡

いかがでしたか?
顔がそれぞれ違うように、耳の形もそれぞれ違って当たり前。

しかし、外見だけではないとは言っても、気になってしまうのも自然なことです。

自分らしい解決方法で、コンプレックスが少しでも軽くなると良いですね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。