付き合う前に体の関係を持つのはアリ?メリットとデメリットを解説!

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第138弾】

「付き合う前にカラダの関係になってしまったら付き合えないよ!」って女同士の会話、ありますよね。それって本当なのでしょうか??

付き合えない理由は「体の関係」を先に持ったからじゃない

「付き合う前にカラダを許して付き合えなくなる!」というパターンって確かに存在しますが、付き合う前に関係を持っても、いつのまにか相手から彼女だと認識されているパターンも実際にはあるんですよね。カラダから始まって最初は遊びの関係だったけど、そのうちお互いがハマって本気になって結婚する2人だっています。

つまり先に寝たって付き合える時には付き合えるんです!

その事実を踏まえたうえで考えると、付き合えない理由はきっと「体の関係」を先に持ったからじゃないはず・・・。本当の理由は「ただ単純に、パートナーとしての縁が薄かった相手」と考えるのが妥当ではないでしょうか?もしも彼が運命の人ならば、どんな出会いや始まり方をしようと、2人は一緒になってしまうからです。

付き合う前に体の関係を持つメリットとデメリットって?

では、本題の、付き合う前にカラダの関係を持つメリットとデメリットについて。世間的には「絶対に先に寝ちゃダメ!」という風潮がありますが、意外にも先に寝ることのメリットはあるんです。思いつくだけ、メリットとデメリットを解説していきます。

ー付き合う前に体の関係を持つメリットー

・時間をかけずにアリかナシかを判断できる
(これが女性にとって最大のメリット。まじめに3年間付き合って破局した頃には30歳とかザラにあります)

・彼以外の男性も視野に入れながら冷静にパートナーを厳選できる

・束縛されそうになったら「付き合ってないじゃん」と強気に出ても文句を言われない

・「最初はイイと思ったけどやっぱり違った!」となった場合、すぐに逃げられる

・彼が偏見ナシに女性を見る人なのかを見抜ける
(付き合う前に寝るオンナは軽いと言う男性は、女性のリアルを知ろうとせず、女に対して幻想を抱きがち。現実主義な人は付き合い続けるのはキツイものがあるかも)

ー付き合う前に体の関係を持つデメリットー

・相手が悪かった場合、「あいつはビッチ」だと噂される可能性がある

・ヤリ逃げされるかもしれない

・「付き合う前に寝る女はどんなに良くても彼女として考えられない」とこだわりを持っている男性だと辛い

・「付き合うまではお預け♡」プレイが出来なくなるため、ソレが好きな男性だと盛り上がらないかも

・「2人が付き合った記念日」が曖昧になってしまう

合理性を重視?見栄えの良さを重視?

現代女性は、忙しいスケジュールをやり繰りしなければいけません。仕事して、お金を稼いで、貯金して、結婚して、子育てしてと、全体の人生計画をバランス良く考えなければいけないので、先ほどの、3年まじめに1人の男性だけを信じて交際したうえで破局みたいな現実はなるべく避けたいところです。オンナの3年はなかなかデカいですからね〜!

時間を大切にしたいのであれば、割り切りが肝心。先に寝るスタイルを取ったほうが結果に早くたどり着きます。寝たけど関係が続かなかったら、その人は運命の人じゃないですから。もっと合う人がいるので、どんどん次にいったほうがいい。

特に年齢を重ねた女性、ムダが嫌いな女性、忙しい女性、待たされるのが嫌いな女性にはこっちをお勧めします。ただ、結果に早くたどり着ける分、誤解されたり、自分の評判が悪くなるリスクは多少あります。


自分の評判や見栄えを大事にしたいのであれば、付き合う前に寝るのはリスクが高いですよね。「付き合おう」と告白するかされてから体の関係を持つべきです。気をつけたほうがいいのは、「付き合おう」と「結婚しよう」は別物です。「付き合おう」の次には「別れよう」か「結婚しよう」のどちらかしか存在しません。もしもそれで「別れよう」になってしまった場合、私の時間を返してよ!って泣いても時間は取り戻せないので要注意。

付き合わない恋愛のいいところ

先にカラダの関係を持つと曖昧な関係がずっと続いて、白黒はっきりつけたい人にとってはモヤモヤするかもしれませんが、そのモヤモヤって半年や一年も経てば、別れなかった場合は信頼関係に徐々に変化していきます。なぜなら、お互いがほかの人とも比較した上で「やっぱりアナタがいい!」と選び合っているからです。

「自分達は付き合ってもいなかったし縛り合う関係じゃなかったのに、また会いたくなった。何度も求めてしまった」という、お互いを自分から選んだ共通認識を一度作り上げてしまうと、その後の関係はとても素晴らしいものになりますね〜。厳選に厳選をかさねて選び抜いた相手だという確信がお互いのなかにあると、簡単に崩れるような関係性にはなりません。

出会いと選択肢が多い現代において難しいのは「この人しかいない!」と心の底から信じ合える男女関係になること。そうなれるのなら、行き着くまでのプロセスはどんな道を通ったっていいんです。付き合う恋愛のコースでいくか、付き合わない恋愛のコースでいくかは、自分がしっくりくるほうを選ぶのがベスト。直感に従うと正解がみえてきます!

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!