意外と多い!「電話が苦手」を克服する方法☆

LIFESTYLE

仕事でもプライベートでも、「電話が苦手」という人は意外と多いんです。
今の時代、電話は切っても切り離せないものなので、上手く付き合っていく必要があります。
ここでは、そんな電話嫌いを克服する方法をご紹介します。

電話が苦手な理由① 相手が見えないから不安になる

電話嫌いを克服するには、まず、なぜ電話が苦手なのかを知る必要があります。

電話が嫌いな理由として考えられるのが「相手が見えない不安」です。

会話の相手が目の前にいれば表情や仕草から心情を読む取ることができますが、電話は声のみなので、それができません。

どんな表情で話しているかがわからず、相手が言葉を発するまでどんな言葉が返ってくるかを予想できない不安が、いつしか恐怖に変わってしまうんです。

電話が苦手な理由② 自分のペースが乱れるのが嫌

突然かかってくる電話の大半は、電話をかけた側の都合に合わせたもので、自分の都合には合っていません。

つまり、メールなどと違い、電話は自分のペースが乱れるのです。

「相手の都合で、自分の計画が崩れる」ことに不快感を感じ、電話が嫌いになる人もいます。

電話嫌い克服法① 着信音を変える

では、電話嫌いを克服するにはどうすれば良いのでしょうか?

まず初めに、電話の着信音を変えてください。

恐らく電話嫌いな人の大半が、電話で不快な思いをしたことがある人だと思います。
そのトラウマを克服するためにも、心機一転して着信音を変えましょう!

電話嫌い克服法② 違う自分を演じる

電話をかける時に、いつもと違う自分を演じてみましょう!

コールセンターで働く方は、聞き取りやすい声になるよう、意識的に声を変えるそうです。

明るくハキハキと喋ることを意識するなどすると、相手が見えない不安も忘れることができると思います。

電話嫌い克服法③ 低い声は「疲れてる」と解釈する

電話に出た相手の声のトーンが低いと、「テンションが低いなぁ」と思ってしまいますよね。
それが「怖い」と感じる人も多いんです。

相手の声のトーンが低かった場合、怖いではなく「疲れてる」と解釈するようにしてみましょう。
これを意識するだけで、気持ちがラクになりますよ♪

電話嫌い克服法④ 沈黙を楽しむ

電話が苦手になる原因のひとつが「沈黙がきまずいこと」だと思います。

これは、恋人や気になる異性との電話で、特に感じることだと思いますが「黙る瞬間がないと、恋は生まれない」と言います。

男性は、沈黙に何の気まずさも感じていないことが多いそうなので、あまり気にする必要はありません!

沈黙の時間は大切にしないと損ですよ♡

電話嫌い克服法⑤ 相手中心で考える

自分のペースを崩されたくないという人は、少し自己中心的なのかもしれません。

自分ではなく相手中心で考えてみましょう。

「相手は今すごく悩んでいて、救いが欲しいんだろうな」「今、電話しないと相手の仕事がスムーズに進まない」など、相手中心で考えてみると、不満を感じることも減ると思います。

電話嫌い克服法⑥ 上手な“電話の切り方”を覚えておく

電話は「掛けた方が先に切るのがマナー」です。

ビジネスシーンでは「お忙しいところありがとうございました」など、一言添えると、印象が良くなります。

問題はプライベートでの電話。
切るのが難しい友達、恋人との電話は、上手な切り方を探す必要があります。

相手を不快にさせないには「また連絡するね」「今度会って続きを話そう」など、伝えると良いでしょう。

また話がしたいことを伝えれば、良い電話の終わり方ができると思います!

プライベートな電話は「おしゃべりをしてもいい時間」なのかを確認してから話すと、お互い不快にはならないと思います。
私も電話が大の苦手なのですが、上記のようなことを心がけ、少し電話嫌いがマシになりました。
克服するのは難しいかもしれませんが、少しマシにして、余計なストレスとはおさらばしてください!