実用的で使える!パワーポイントの資格を取得してみよう

LIFESTYLE

正式名称をマイクロソフト・パワーポイントという、マイクロソフトプレゼンテーション用のソフトウェアのことを言います。
プレゼンテーションにおいて必要不可欠なこのパワーポイントの資格を取得するにはどうしたらいいのでしょうか。

資格を取得する前に▷パワーポイントって?

出典:products.office.com

パワーポイントとは、会議などで使われるスライド映像や配布資料を作成する為のソフトウェアです。

図や写真などを好きな大きさ、位置に貼り付けることが出来るレイアウト機能や、貼り付けた図を動かすことの出来るアニメーション機能などが備わっています。

ただ、図を見せるだけではなく動かすことで、プレゼンテーションにおいてのアクセントになり、聞いている側も理解がしやすくなります。
難しいソフトウェアにも思えますが、実際はWordを使うことが出来れば簡単に使いこなすことの出来るソフトウェアです。
そんなパワーポイントの資格は、どのように取得できるのでしょうか?

パワーポイントの資格は、パワーポイントプレゼンテーション技能認定試験!

「パワーポイントプレゼンテーション技能認定試験」とは、パワーポイントを使って効果的にプレゼンテーションを行えるのかの技術、能力を判定する検定です。

認定基準は上級と初級があり、上級は、ビジネスシーンにおいてのプレゼンテーションの目的を理解しているか、パワーポイントの実践的機能を効果的に使うことが出来るかを見られます。
初級は、パワーポイントの基礎的な技能を持っているか、ビジネスシーンにおいて標準的なプレゼンテーションを作ることが出来るかを見られます。

上級は初級とは違い知識の試験もあり、実技試験においても時間が30分も長いものとなります。

試験に合格し、パワーポイントの資格を取得するメリットとは?

それでは、試験に合格し、パワーポイントの資格を取得するメリットとは何なのでしょうか?
「officeを使うことが出来ます」と「officeを使いこなせることが出来ます」では、ニュアンスがだいぶ違ってきます。
「使える」というのは、基本操作や、マクロを組むことが出来るなど単純な操作が出来る人というイメージになりがちです!

実際、仕事の場面で基本操作や関数、マクロを組んでくださいと言われることはほぼなく、請求書やグラフ作成という成果物を作れるかが重要になってきます。

「使いこなせる」というのは、これらの成果物を効率よく的確に作成出来る人というイメージになり、さらに資格で提示することで就職活動などにも有利になります。

パワーポイントの資格を取得するための勉強方法!

目標が決まったところで、パワーポイントの資格を取得するために勉強しましょう!

パソコンスクールに通い勉強することで、試験対策を具体的に学ぶことが出来るので、資格取得までの時間を短縮することは出来ます。
しかし、仕事などの関係でスクールに通うのが難しい方も多いのではないでしょうか?

この資格は独学でも十分に取得出来ます。その勉強方法は至ってシンプルで、参考書の問題をひたすら解いていきます。
パソコン上で模擬試験をすることが出来るCD付きのものもあるので、それを活用するのも良いでしょう。
また、通信講座もおすすめで、家にいながら完成度の高い授業を受けることが出来ます。

パワーポイントは、ビジネスシーンにおいて非常に重要になってくるパソコンスキルです。
ただ、officeが「使える」ではなく「使いこなせる」と胸を張って言えるように、パワーポイントの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。