じゅわっと滲む色気でイイ女へ♡2017年トレンドは濡れ肌メイク!

BEAUTY

セミウェットヘアに続き、トレンドメイクとして注目を集めている“濡れ肌メイク”♡
じゅわっと滲むようなツヤ肌が魅力的なメイクで、透明感を与えてくれます。
あなたも濡れ肌メイクをマスターして、上品なイマドキフェイスへ挑戦してみませんか?

2017年のトレンドメイクと噂されている濡れ肌メイクとは?

2016年からじわじわと広まり、2017年のトレンドメイクとして注目されている“濡れ肌メイク”。
じゅわっと滲んだような潤い肌が特徴のメイク方法で、お肌にツヤ感と透明感を与えてくれるんですよ!

ですが、一歩間違えるとテカリ肌に見えてしまうのが難点でもあります。
意外と難しいメイク方法なのですが、コツをおさえられれば濡れ肌メイクはもうお手のもの♡

難易度が高い濡れ肌メイクを自分のものにして、上品なイマドキフェイスを手に入れてみませんか?
早速濡れ肌メイクの方法をご紹介するので、一緒に見ていきましょう。

濡れ肌メイクのメイク方法とポイント

まずは濡れ肌メイクにとりかかる前に、保湿力の高い化粧水でしっかりスキンケアをして、保湿ができるクリームでお肌にフタをしておきましょう。

①基本ができたら、保湿系の下地を薄く顔全体伸ばしてのせていきます。

②クリームファンデーションにオイルを一滴垂らして混ぜ合わせ、小鼻の横から頬に流すようにのせていきます。
顔の中心のみにファンデーションをのせることで、ナチュラル感をキープすることができるんですよ♪

③できたらスポンジで軽くなじませて、フェイスパウダーで油がつきやすいTゾーン・小鼻・あごにのせてあげてください。
軽くおさえるようにつけることがポイントです。

④最後にクリームタイプのハイライトを使って、光に強弱をつけましょう。
頬骨の高い位置や鼻のつけ根など、高い部分にプラスすることでじゅわっと広がるような光を操ることができます。

濡れ肌メイクをマスター!これであなたもメイク上級者の仲間入り♡

早速、濡れ肌メイクを挑戦してみたくなった方も多いのではないでしょうか♡
このメイク方法をマスターできれば、気軽に大人の色気が漂う上品さを演出することができます。

また冬に濡れ肌メイクをすれば、落ち着いたコーデがパッと明るくなったり、春に濡れ肌メイクをすれば、透き通るような透明肌をキープすることができたりします。
濡れ肌メイクは四季によって、見え方や良さが変わるのも魅力の一つといえるでしょう。

常に新鮮な気持ちでいられることはもちろん、異性をドキッとさせる力も秘めているので、ますますマスターしたくなりますね!

濡れ肌メイクの注意点も覚えておこう!

濡れ肌メイクを行う上で、注意したいのがテカリ肌にならないようにすることです。
特に夏場の濡れ肌メイクは、テカリ肌と間違えられてしまうこともあるので、しっかりコツをおさえておく必要があります。

注意点のポイントとして、下記があります。
①オイルを混ぜたファンデーションを全体的にのせてしまうと、厚ぼったいテカリ肌に見えてしまうので、ファンデーションは顔の中心部にしかのせない。

②オイルの混ぜすぎはメイク崩れの原因にもなってしまうので、オイルは一滴におさえるようにする。

③フェイスパウダーはスキップしても大丈夫な工程ですが、テカリが気になる場合は、Tゾーン・小鼻・あごに忘れずのせること。

④濡れ肌を演出する際に必要不可欠なクリームハイライトは、光の集まりやすい高い部分にのせて、ツヤ感をプラスしていく。

この4点を意識しながら、濡れ肌メイクを完成させてみてください!

難易度が高めなメイク方法である濡れ肌メイクを、ご紹介させていただきました。
自分でもできるようになれば、簡単に色気が溢れるイマドキフェイスになれるので、ぜひマスターしてみてくださいね♡