小顔になりたい人集合♪「輪郭別」シェーディングの入れ方講座

BEAUTY

小顔に見せるためにはシェーディングは欠かせないんです!
顔の輪郭別にシェーディングの入れ方をマスターすれば、必ず小顔に近づくことができちゃいますよ♪

<輪郭別>小顔に見せるシェーディングの入れ方① 丸顔

丸顔の人は、顔の側面に影を入れて丸い印象を払拭し、縦長のフォルムに近づけるように心がけるようにシェーディングを入れましょう。
額や顎までシェーディングを入れてしまうと、丸顔の印象は残ったままになってしまいます!

また、頬骨をかすめるように斜めにシェーディングを入れることで、よりきりっとしたシャープな印象に変身することができちゃいますよ♪

<輪郭別>小顔に見せるシェーディングの入れ方② 面長

面長の人は縦にシェーディングを入れてしまうと縦長な印象がより強調されてしまうので、横長に影をつくるように入れることで面長な印象を断ち切ります。
顔の長さを隠すには、額と顎に横長に影を入れます。

さらに頬にも真横にシェーディングを入れることによって、顔の長さを目立たなくさせ、小顔に見せてくれます。
また、頬にシェーディングを入れるときは、あえて頬骨をかすめるように入れるようにしましょう。

<輪郭別>小顔に見せるシェーディングの入れ方③ 三角形

輪郭が三角形の人は、理想の卵型に見せるために、シュッととがった顎にシェーディングを入れるようにしましょう。
そうすることでキツく見られがちな輪郭に丸みを持たせることができます。

さらにハイライトを頬の中央にのせることも、卵型に近づけるポイントのひとつ。
ふんわりとしたイメージが加わって、小顔効果だけでなく柔らかい印象に変身できちゃいます♡

<輪郭別>小顔に見せるシェーディングの入れ方④ベース型

ベース型の人は、気になるエラの部分にシェーディングを入れることが、何よりも重要なポイント。
エラの張った部分を少し内側まで入れることでシャープな印象に仕上がります。
また、額の生え際の部分にもシェーディングで影をつけることで、バランスの取れた小顔メイクが完成しちゃいます。

さらに頬骨の部分にも軽くシェーディングを加えることで、よりスマートな印象に仕上げることができますよ。

顔の輪郭別のシェーディングの入れ方をご紹介しましたが、いかがでしたか?
ただ単に輪郭の外側をシェーディングで埋まれば小顔になれると思っていた人は
自分の輪郭に合わせたシェーディングを入れていくことで、今までよりさらに小顔に近づくことができるはずですよ。