人生の役に立つ!創造力を鍛える方法って?

人生の役に立つ!創造力を鍛える方法って?

LIFESTYLE

仕事において、創造力ってとても大事ですよね。
「私は創造力が乏しいから……」なんて思っているあなた!
創造力は鍛えられるんです。今回は、そんな創造力を鍛えるポイントを教えちゃいます♪

「想像力」と「創造力」の違いって?

「想像力」と「創造力」。
読みは同じですが、一体何が違うのでしょうか?

想像力とは、自分が知っていることをもとにして、物事を思い描く力のこと。
一方で創造力とは、今までにないものを造り出す力のことです。

似ている言葉でも、意味は全く違いますよね。
「ものを作り出す力」ですが、実際にものづくりをしなくても、仕事などで役に立つことがあるはずです。

創造力を鍛えるための、3つのポイントをご紹介していきます。

創造力を鍛えるポイント① やりたいことを紙に書く

仕事にしても、何にしても、「こうしたら良くなるのでは?」「こうしていきたい」「これがしたい」ということを、紙に書いて整理していきましょう。

気になったことや、頭に思い浮かんだものは、何でもすぐにメモしておきましょう。
新聞や雑誌のスクラップでも◎

メモしたことがキッカケで、新しいアイデアが生まれるかもしれません。
まずは、目の前で文字化することで、外に出していきましょう。
ウチに秘めているままでは、何も始まりません。
どんどん外に出していきましょう!

創造力を鍛えるポイント② 全てがオリジナルでなくてもOK

どんなことも、インプットがあるからこそ生まれるもの。

オリジナルにこだわってしまうと、考えることが大変になってしまい、アイデアが生まれにくくなりがちです。
実は、完全なるオリジナルというものは、ほとんどないんだそう。
全てがオリジナルでなくても構わないのです。

まずは、既にあるものの良いところを真似をしてみて、少しずつ自分のアイデアをプラスしていきましょう。
全てをそっくりそのまま真似してはいけませんよ。

やがて、自分でも面白い発想ができるようになるはずです。
 

創造力を鍛えるポイント③ 子どもと遊んでみる

これは、近くに子どもがいる場合にしかできませんが、例えば、親戚などに子どもがいたら一緒に遊んでみましょう。

子どもって、大人にはない発想の持ち主なんです。

大人には考えられないような遊びを開発したり、思わず笑ってしまうような行動をしたりと、子どもは最強の創造力を持っています。

一緒に遊ぶことで、自分も子供のような純粋な気持ちになれます。
それが、まさかのアイデアにつながることもあるのです。

いかがでしたか?
簡単にできそうなものばかりですよね。
ぜひ、試してみて、創造力を鍛えましょう!