チャンスに繋がる?「衛生管理者」の資格を取得する方法

衛生管理者という仕事をご存知でしょうか。
あまり知られていないかもしれませんが、現代の社会においてとても重要な仕事と言えます。
それはなぜなのか、資格取得方法も交えてご説明します。

「衛生管理者」資格取得を目指そう!…の前に、衛生管理者って?

ec.midori-anzen.com

衛生管理者とは、社員の健康管理だけではなく、職場の安全性を確保することで、社員が気持ちよく働くことの出来る空間を作っていくお仕事になります。

そして、この衛生管理者は大企業になればなるほど必要とされている職種になります。

現在の法律では、50名以上の社員がいる事業所の場合、最低でも1人の衛生管理者を置くことが義務付けられています。
大企業には、50名以上が働く事業所がいくつもあったりする為、多くの衛生管理者が必要になるのです。
つまり資格を取得しておくことで、そういった企業での募集があるので、取得していて損はない、ということですね。

「衛生管理者」資格取得は即戦力に

ただ、「衛生管理者」の資格を取得しても実務経験が無い場合が多いのが現状です。

そういった場合、就職する時も資格はありますが、未経験と同じ枠でとらわれてしまい、即戦力としては不十分となってしまうかもしれません。

しかし、衛生管理者の資格を受験する為に、実務経験が必須となっています。
なので、資格を取得した時点で実務経験があり、就職してからすぐに即戦力として働くことが出来るのです。
会社側も求人に資格取得者優遇ということを書くことが多く見られるんですよ♪

「衛生管理者」資格取得の受験資格&実務経験とは

www.eisei-kanrisya.com

衛生管理者の資格を取得するには、受験資格というものをクリアしなければなりません。
大学・短大・高専卒の場合は実務経験が1年以上、高卒の場合は実務経験が3年以上です。

また、学歴に関係なく、実務経験が10年以上あれば受験することが出来ます。
そして、実務経験とは具体的に以下の物となります。

✔健康診断の日程調整・結果の管理
✔避難器具・避難経路の点検、確保
✔社員の衛生管理と教育
✔職場環境や衛生条件の改善
✔看護師・准看護師の業務

これらの実務を証明する為には、書類が必要になる為、必ず用意して受験の際に提出するようにして下さい。

「衛生管理者」資格取得のための、効率的な勉強方法

衛生管理者の資格を取得する際には、新作問題が非常に少ないのが特徴です。
なので、過去問を徹底的にやることで、合格へ一歩一歩近づくことが出来ます。

過去問も一部を変えて出題されることも多いので、勉強していく時も、全て文末まできちんと読み、理解していくことが大切になります。
そうすることで、5肢択一式の一部を変えられてしまっても、迷うことなく正解を選ぶことが出来るようになります。

また、広く浅くの基礎知識が要求される為、基礎知識から系列たてて纏められている教材も必要になってきます。
特に大企業には必要不可欠な存在である「衛生管理者」は、裏方ではありますが会社を支える重要ポジションです。
資格を取得することで就職にも有利になるので、ぜひ取得してみて下さい。

衛生管理者 資格 取得

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山本 香奈

>もっとみる