雑誌連動

普通の写真をフォトジェニックに♪SNS映えする写真の撮り方講座

LIFESTYLE

4MEEE magazine Vol.1 p.116〜「SNSで華麗に生き抜く方法」

ランチやディナー先で食べたご飯、旅先での風景、自分で作ったお料理など、写真を撮ってSNSにアップすることが日常となっている今。
人目をひくフォトジェニックな撮り方をマスターすれば、何気ない日常もおしゃれに♡
フォトジェニックに見える写真の撮り方テクニックをマスターして、おしゃれ写真をたくさんSNSに発信しましょう!

フォトジェニックな写真の撮り方①「光」を意識する

何気ない日常風景でも、ちょっとした光の捉え方をマスターすれば、おしゃれで印象的な写真が撮れることも♪

例えば、あえて逆光でカメラを構えて、撮りたいもののシルエットを浮かび上がらせたりするのも、光を使ったテクニックのひとつです。

また料理を撮る際には、自然光で撮ると美味しそうに見えますよ!
その際には、あえて光が入る方向にカメラを向けると◎

フォトジェニックな写真の撮り方②画面を整理する

楽しい写真や思い出の写真は、1枚の中にギュッと詰め込みたくなりますが、あえて構図を整理すると◎

見せたいものだけに焦点をあてた写真は、見る人の心に残る印象的な写真になりますよ。

画面を整理して、見せたいもの以外は余白や背景と捉えるのがポイント。

また、その際にモノを中心に置くのではなく、あえて中心から少しずらすとおしゃれな雰囲気に♪

フォトジェニックな写真の撮り方③自撮りはトリミングを

セルフィーで撮った写真をそのままアップしがちですが、見ている人に「またか」と思わせてしまう危険も……!

また、バッチリ顔と全身が写っているのももちろんいいですが、ファッションの記録にしても記念写真にしても、定番の構図では印象に残らないもの。

写真を撮った後に、トリミング(切り取り)加工をすると、目立たせたい部分だけを写真から切り取ることができるので、おしゃれになります。

フォトジェニックな写真の撮り方④自分なりの「視点」を考える

例えば友達とご飯に行ったとき、撮る写真は一緒に行った友達やドリンクなどの写真ばかりではありませんか?
みんながあげている写真と同じものばかりを撮っても、飽きられてしまうもの。

それなら、「ライトがきれいだった!」など自分なりに印象に残ったシーンを写真に撮ってみましょう。

旅行先での記念の一枚なら、観光ガイドに載っているような構図はやめて、面白い構図で名所が映る場所を探してみるのがおすすめ。

あなたの感性を感じさせる一枚になりますよ♡

フォトジェニックな写真の撮り方⑤「色」を遊ぼう

遊園地の観覧車、道端に咲いている花など、身の回りにはきれいな色の組み合わせのものがたくさん溢れています。
洋服の色合わせを考えるように、写真の画面の色合わせも考えてみると写真がより一層楽しくなりますよ!

シンプルなコンクリートを背景に、カラフルな服を着た記念写真を撮れば、人物が引き立ちます。
逆にカラフルな服を着て、撮る写真の背景もカラフルになってしまえば、洋服が引き立ちませんよね。

どんな色が画面に入るのか?
その色は、何を引き立たせ、何を目立たなくさせてしまうのかを考えることが、フォトジェニックな写真が撮れる近道です。

写真を撮る時に少し心がけるだけで、フォトジェニックな一枚になるテクニックをお届けしました。
一見難しそうに思えますが、ファッションのコーディネートを考えるのと基本は同じ♪
「あえて外しカラーを取り入れるように、画面にアクセントを入れる」「同じトーンで統一してムードを作る」このようなテクニックは、写真にもファッションにも共通していえること。
おしゃれな写真を撮って、みんなからも一目置かれる存在を目指しましょう♡