言い訳が多くない?職場で苦手意識を持たれやすい女性の特徴5つ

LIFESTYLE

“この人なんか嫌だな……”と思う仕事仲間が、だれにでも1人や2人はいるでしょう。
反対に、自分が苦手意識を持たれている可能性もありますね。
今回は、仕事仲間に「苦手意識」を持たれやすい女性の特徴を探してみます。

仕事仲間に「苦手意識」を持たれやすい女性の特徴:ついていけない言動が多い

仕事仲間に対して苦手と感じる原因となるのは、ついていけない言動ではないでしょうか?

仕事を押し付けたり、必要以上に急かしたりする上司、思いやりに欠ける同僚、あまり聞かないカタカナ言葉を多用する取引先の人……ついていけませんよね。

あなたもうっかりやっていないか、注意してみましょう!

仕事仲間に「苦手意識」を持たれやすい女性の特徴:否定的、言い訳が多い

仕事に限らず、提案をしたり、頼みごとをしたりするたびに、すぐに否定する人っていますよね?
また否定から入る人は、断るための言い訳もある意味上手です。

客観的な視点から考えて否定をしたのなら、必要な意見にもなりますが、同僚や上司からすると「仕事がやりにくい……」と思ってしまいます。

もしあなたが否定的な考えが浮かんだら、すべて拒否するのではなく、受け入れられる部分がないか探してください。
そして代替案を用意できれば、その場の空気は悪くならないでしょう!

仕事仲間に「苦手意識」を持たれやすい女性の特徴:言葉遣いやメールが雑で冷たい

話し方、そしてメールの文面も人のイメージを大きく左右します。

社会人の言葉遣いが身についていない、メールや話し方に雑さがある、また怖いくらい冷たいと苦手意識を持たれやすい人になってしまいます。

社会人の言葉遣い・敬語を完璧にマスターするのは、なかなか難しいですよね?
後から、「この言い方は間違いだったんだ……」なんて気づくこともあるでしょう。

もしあなたが敬語に自信がないのなら、雑な表現にならないように気をつけて、自分の足りないところをカバーしましょう。
社会人の言葉遣い・敬語はたくさん後悔をして、少しずつ身につけていくものだと思います!

仕事仲間に「苦手意識」を持たれやすい女性の特徴:敵対心・競争心が強すぎる

あなたは一緒に仕事をしている人に対して、適度な仲間意識を持っていますか?

同僚や取引先の人に、“この人なんか苦手……”と思われがちな女性は、仲間意識ではなく敵対心を持っていそうです。
特に同じ立場である同性の同僚に対して、競争心が強い女性は多いよう。

軽い敵対心や競争心は持ってもいいと思いますが、過剰になってしまうと、いい仕事ができないですよ!

仕事仲間に「苦手意識」を持たれやすい女性の特徴:プライベート感を出しすぎ

仕事を円滑に進めるために、適度にプライベートな話をするのは、全く問題ないと思います。
しかし、プライベートな時間のように仕事で出会った人と仲良くなろうとすると、節度のない言動が増えそうです……。

仕事仲間とは仲良くなるためではなく、一緒にいい仕事をするために出会ったのですよ!
仕事とプライベートを切り替えるのが下手なら、少しプロ意識を育てたいですね。

仕事とプライベートを完全に分けなくてもいいと思いますが、社会人としての自覚や責任感を持つためには、仕事上の役割を演じる力も多少は必要です!

仕事中もプライベート感が強い女性は、“どんなときも自然体でいないと……”と思っているのかもしれませんが、多少演じることは悪いことではないですよ♡

仕事仲間に「苦手意識」を持たれやすい女性の特徴を探してみました。
自分の作業をこなすために努力をしていると、仕事仲間に対する思いやりが足りなくなることがあります。
気がついたら周囲から苦手意識を持たれないよう、仕事と思いやりのバランスも意識したいですね!