男らしいのに守りたくなる♡巷でブームの“年下彼氏”をつくる方法

巷では今、密かに年下彼氏ブームなのをご存知でしたか?
可愛くも男性らしくもあり、時に頼れる一面が垣間見れるなど、人気急上昇中!
今回は、年下彼氏をつくる方法をご紹介します♡

巷でブーム♡年下彼氏をつくる方法:年下扱いしない

合コンや知人の紹介など様々なシーンで年下男子と出会うことはありますが、年下と聞いた瞬間「若い〜!」「羨ましいー!」などノリだとしても、言うのは控えましょう。

年下だとしても立派な男性としてプライドを保ち、相手を立派な男性として持ち上げることはとても大切なことなんです♡

また会話の最中も「若いのにすごいね!」「まだそんな年なのに偉いね」など年齢を感じさせる言い方は、気持ちよく思わない年下男子も多いので気をつけましょう。

巷でブーム♡年下彼氏をつくる方法:自分をオバさん扱いしない

年下の彼とのトークで次に気をつけたいのが「私なんて……」という自分を蔑んだ言葉。

「肌ピチピチで羨ましい」「もう私なんてダメ〜」など、たとえネタであっても自分と年下の彼との年齢差を感じさせるのはNGです。

そもそもネガティブなトークをする女性は魅力的ではありませんし、年下の彼への自虐ネタはリアルすぎて笑えないので、その場がシラケてしまう可能性もあります。
控えるようにしましょう!

巷でブーム♡年下彼氏をつくる方法:結婚をチラつかせない

年下でも男性らしく扱うべきですが、結婚のことになると話は別です!

たとえ年下の彼が「結婚願望がある」と言っても本気度が違うので、本気にしない方がベター。
なぜなら年下男子の中には、結婚願望があることをちらつかせば年上の女性を釣れる、今夜はお持ち帰りできる、と軽く思っている人も少なくないからです。

自分の弱点を見せている行為にもなるので、結婚願望があったとしても言わずに様子をみましょう。

巷でブーム♡年下彼氏をつくる方法:重すぎず軽すぎず

年下の彼は、若いだけあって考え方が軽かったり、発想が夢見がちだったりするのですが、そこに思いっきり現実を突きつけるのはNG!

反対に、その軽い感じに乗っかって自分もフワフワするのも良くないので、バランスをとるのがとっても大事なんです。

年下といってバカにしたりするよりもタイミングやテンションで真面目な話しをすることで彼から尊敬してもらえるはずなので上手く誘導してあげるのがベストですよ♡
密かにブームな年下彼氏は、年上彼氏よりも接し方の難易度が高いので、実践してみると恋愛の経験値が上がること間違いなし!
年齢のボーダーライン変えて、視野を広げるのもいいかもしれません♡

【関連記事】カレとの将来、ちゃんと見えてる?恋を終わらせるべきポイント4つ

恋は始まりもあれば終わりもありますが、大抵の人は恋の終わらせ方が分からないよう。恋を終...

年下 方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高橋 彩

モテたい女子のための記事をたくさん書いていきます♡
いい恋愛のお手伝いができたら幸いです。

>もっとみる