あなたは大丈夫?見落としがちな「化粧品の消費期限」とは

BEAUTY

突然ですが皆さん、今使っている化粧水、ファンデーション、チーク、いつ買った物か覚えていますか?
いつか使おうと思って買ってたけれど、放置している化粧品などはありませんか?

重要だけど、意外と気にする人が少ない化粧品の消費期限を知って、肌トラブルを避けましょう!

里口風子
FUUKO
2015.05.23

これだけは守ろう!基本的な化粧品の消費期限

出典:www.avdataworks.com

どんなアイテムであっても、基本的には未開封の物で約3年間が限度。

“薬事法”は、未開封で3年以上品質が保持されるモノは期限を表示しなくてよいとされているため、記載がないことがほとんどです。

ですが、一度開封したものは食品と同じで、空気が入って酸化してしまうため、長くても半年以内に使い切ることをオススメします!

コスメ別に消費期限をチェックしよう!

出典:luxury-salon.net

開封してからの消費期限が早い順で、コスメを見てみましょう。

≪3ヶ月≫
・マスカラ
・リキッドアイライナー

≪6ヶ月≫
・基礎化粧品
・ファンデーション
・リップ系
・日焼け止め

≪1年≫
・ペンシルアイライナー
・アイシャドウ

≪2年≫
・チーク

このように、問題が起きた時のダメージが一番大きく、目のギリギリで使うため菌が繁殖しやすいアイメイク用品は注意が必要です。

また、スキンケア用品などの肌にダイレクトに効果を与えるものは数種類を並行して使わず、できるだけ1つのものに集中して使い切るようにしましょう。

期限切れのコスメを使い続けていると……?

出典:m-uroko.com

化粧品は空気に触れると酸化し、“黄色ブドウ球菌”や“表皮ブドウ球菌”といった細菌が繁殖!

その菌を肌につけると、かぶれやかゆみ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因に……!

メーカーによって期限は異なりますが、表記のないものは買った日付を書いておくと良いでしょう!

また、直射日光の当たりにくい涼しい場所に保管し、冷蔵庫などの温度差が激しい場所も避けましょう。

化粧品を長持ちさせるコツ♡

出典:www.make-life.co.jp

期限を守って正しく使いたいけれど、せっかく買った化粧品を捨てるのってかなり勇気がいりますよね。

だからこそ、普段の使い方が重要になってきます!

・使ったらすぐに蓋を締めること。
・一度出したものは戻さないこと。
・パフやブラシは定期的に洗ったり、買い換えること。
・リップはなるべく直でなく筆で塗ること。

などを徹底すれば、菌の繁殖も少なくなります!

シーズンによって、使う化粧品を変えたり、ついつい新しいモノを買ってしまったりして増えすぎてしまったアイテムがあるはずです。
これを機に、メイクボックスの整理整頓を始めて、肌を守りましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。