彼と結婚前提にお付き合いする方法とは?自分の気持ちも大切にして。

LOVE

25歳を過ぎれば、周りが怒涛の結婚ラッシュ!
新しく恋をするなら、結婚を前提にお付き合いをしないと時間がもったいない……。
「結婚なんて考えていない」という人と付き合っていても、将来の可能性が狭まってしまいます。
そこで今回は、彼と結婚前提にお付き合いする方法をご紹介いたします。

結婚前提にお付き合いする方法①告白される前に彼に結婚の意思があるかどうか確認する

手を繋ぐ新郎新婦

最初にご紹介する、結婚前提にお付き合いする方法は、告白される前に彼に結婚の意思があるかどうか確認するという方法!
何回かデートをして、彼がもう告白してきそうな雰囲気になっているなら、思い切って彼の気持ちを確認しましょう。
告白される前が厳しければ告白をされた後でも構いません。

彼に結婚の意思があるのかどうか事前に確認をしておかなければ、お付き合いしても、ただ時間だけが過ぎていって、最終的には焦る気持ちをおさえきれず、お別れを選ぶ場合も……。
せっかくご縁が結ばれる以上はゴールインまで目指したいですよね♡
結婚前提にお付き合いするために必ず彼の気持ちを確認しておくように!

結婚前提にお付き合いする方法②彼が旦那さんやお父さんとしてふさわしい人かチェックする

子供を抱くカップル

出会った時点はいい印象をもっていても何回かデートするうちに「あれ?」と思うときもあるでしょう。
そもそも、彼は旦那さんやお父さんとして、ふさわしい人物ですか?
この彼が旦那さんやお父さんとしてふさわしい人かチェックするというのも、結婚前提にお付き合いするための方法のひとつ!

たとえば、彼女と付き合っていながら他の女性にも手を出すような人が結婚生活に向いているとはいえません。
いつも浮気の心配をしなければいけませんし、とにかく大変!
あきらかに彼自身になにか問題があるなら、絶対に見逃してはいけません。

「まぁいいや」と適当に受け流せば、最終的に後悔するのは、あなた自身ですよ。

結婚前提にお付き合いする方法③結婚したい気持ちは告白された時点で伝えておく

キスをする新郎新婦

彼に結婚の意思があるのかどうか確かめにくいなら、自分から伝えるという方法もあり!
タイミングとしては告白された時点がベストでしょう。

「お付き合いしたいと思っているけど、結婚前提のお付き合いを希望します」とはっきり自分の気持ちを伝えたうえで、お互いの方向性を合わせておくべき!

もし自分の気持ちを伝えたときに彼が曖昧な態度をとるなら、そのまま話を進めないほうがいいかも……。

結婚前提にお付き合いする方法④タイミングをみてお互いの両親に紹介する

イチャつくカップル

最後にご紹介する、結婚前提にお付き合いする方法は、タイミングをみてお互いの両親に紹介するという方法!
さすがに付き合った直後から家族ぐるみの交流はできません。
お互いの両親に紹介するためには、まず二人の関係が熟すのを待つべきでしょう。
お付き合いをしていく中で「この人となら大丈夫」と思える自信がでてきたら、お互いの両親に紹介し、家族ぐるみの交流を深めていくのです。

周りから固めていけば、彼も家庭をもつ覚悟ができるはず!
じたばたしなくても自然と、結婚する流れになっていくでしょう。

結婚前提にお付き合いする方法はいかがでしたか?
彼と結婚を前提にお付き合いしたいなら意思表示ははっきりと!
自分の気持ちを押し殺したまま付き合うなんてあり得ません。
彼と一緒に家庭を築けるように、お付き合いする時点で、お互いの方向性を一致させておきましょう♡