やらないことリストで毎日が充実♡リスト作りの注意点って?

LIFESTYLE

人生を充実させるためには、何かを増やしたり、新しく始めたりすることが大切だと思っている人がほとんどかもしれません。
でも実際は、やるべきことを増やすより「やらないこと」を決める方が充実しだすこともあるのです。
そこで今回は、毎日を充実させるためのやらないことリストを作る時の注意点についてご紹介していきます♪

やらないことリスト作りの注意点:他人を優先しない

やらないことリストを作る時、周囲の人の存在や同僚、友人のことを考慮して、迷惑をかけないようにと考えるかもしれません。

たしかに私たちは一人で生きているわけではないので、周りの人たちを気にかける必要はあります。
しかし人生を充実させようと考えた時、一旦は自分のことだけを考えましょう。

他人を気遣うことも大切ですが、何よりもこの人生はあなただけのものだということを認識しましょう。
まずは自分優先でやらないことリストを作ってみるべきなのです。

やらないことリスト作りの注意点:自分をけなさない

やらないことリストを作る時、自分をけなす姿勢を捨てましょう。
やめたい習慣は誰にだってあるもの。
同時に、自分に対して自信がないと思う気持ちも誰にでもあります。

やめたいと思う習慣はあるけれど、私なんかがやめられるはずがないと思い込んだり、悪い癖にしがみついたりと、やらないことリストに書き込む手を止めてしまっていませんか?

自分なら絶対できる!
そういう強い意志を持って、やらないことリストを作成してくださいね♪

やらないことリスト作りの注意点:過去を引きずらない

人生に失敗はなぜつきものなのかを考えたことがありますか?
過去にしてきた失敗を並べては、自分はこんなにもダメな人間だったと嘆いてはいませんか?

失敗は人生の歩みをストップさせてしまうものなのではなく、「こうすると失敗するよ」と教えてくれるもので、分析して反省したら乗り越えるものなのです。

失敗して次に進めないとうずくまっているのは間違い。
もう一度立ち上がって進み出そうとするのは精神的にきついことですが、それを乗り越えることが大切なのです。

これを踏まえて、やらないことリストを作る注意点としては、過去の失敗を全てやらないことリストに加えてしまうこと。
リストを見るたびに失敗した時の光景が浮かぶかもしれませんが、過去を受け入れて前に進むためには必要なことなのです。

やらないことリスト作りの注意点:午前中から起きて、リストを作る

午前中をダラダラと過ごすのはもうやめにしましょう。
時間を無駄にするのが許されるのは学生まで。
いい年した大人の女性ならば、休日も平日と変わらない時間に起きて、充実させようとするべきです。

やらないことリストを考える時、「休日は午前中寝てるし、これくらいの分量でいいかな」と重荷にならないようにしていませんか?
寝ている時間は何も考えなくていいからとラクしようとしていませんか?

それでは人生は充実しません!
本当に毎日の人生を充実させたいのなら、毎日午前中には起きて1日の行動を振り返りながらリストを作りましょう。
そうすることでより実現可能なリストを作ることができます。

やらないことリスト作りの注意点:「やることリスト」を並行して作る

人生を充実させるためには「やらないことリスト」と「やることリスト」両方作っておいた方が良いと思います。

やらないことリストを作っていると、やるべきことも見えてくるからです。
単に何かをやめようと思えるものと、やめる反対にやるべきことが見えるものがあり、やるべきことがわかったのなら、それもリストにまとめておきましょう。

これまでに紹介したものは、やらないことリストを作る時の注意点になるとともに、そのものがやらないことリストの参考にもなるかと思います。
これらを参考に、ぜひとも充実した人生を歩んでください♡