取得しておいて損がない!サービス介助士準2級の資格とは

サービス介助士という仕事を知っていますか?
普段の生活のなかで、車椅子に乗っている人や杖をついて歩いている人を見て、どうやって助けたら良いんだろうと悩んだ経験はありませんか?
サービス介助士準2級とはそんな人たちを助けるお仕事です。
ここではそんなサービス介助士準2級の資格の取得の方法を紹介しちゃいます!

サービス介助士とは…?

akaboumatsumoto.com

サービス介助士とは、お年寄りや体が不自由な人への、正しい介助知識や技術を身につけた人のことです。

普段の生活で体が不自由な方が困っているのを見て、「どうやったらその人を助けることができるんだろう」と困った経験はありませんか?

そんな問題を解決してくれて、高齢者や体が不自由な人と介助士の双方に心地の良い状況を作り出してくれることに繋がるのが、サービス介助士です。

サービス介助士の資格を取得するにあたり、正しい介助の知識を身につけることによって、実際の介助方法だけではなく、高齢者への気持ちのくみ取り方や優しい気持ちで接する方法というのが分かってきますよ♪

「サービス介助士準2級」の資格取得はどう受験すれば良いの?

osweb.jp

そのサービス介助士にも色々な級があります。
その中でも最も取得しやすいのが、「サービス介助士準二級」です。

サービス介助士準二級には、特別な受験資格もなく、試験自体の難易度も低めに設定されています。
サービス介助士準二級の資格取得試験は、テキストやDVDを使って勉強したり、実際に先生が教えてくれる講座を受講することによって、自宅で気軽に受験できます!

このような気軽な試験体系ですから、ユーキャンなどの通信講座を使って、添削課題と自宅で受けられる検定試験を提出して合格すれば、サービス介助士準2級の資格を取得することができます。

「サービス介助士準2級」の資格取得のあとは…?

「サービス介助士準2級」の資格を取得できた方は、続いて「サービス介助士2級」へのステップアップも可能です。

本来サービス介助士2級の資格を取得するには、「通信課程」と「実技教習課程」の二つの試験が必要です。
しかし、サービス介助士準2級に合格した方は、その試験合格後1年以内に、準2級合格時に送付される申込み用紙に記入して申込みをすることによって、「通信課程」が免除され、「実技教習課程」から受講することができるようになっているんです!

実技教習は高齢者の疑似体験をしたり、車椅子の操作方法を演習したり、障害者の歩行介助演習をしたり実際に様々なロールプレイを重ねる教習になります。

「サービス介助士準2級」の資格を取得したら、実際にどんな仕事があるの?

akaboumatsumoto.com

サービス介助士準2級の資格を持っていることで特別に働きやすい就職口というのは、正直言うと今のところはまだ少ないです。

しかし介護事務職などの仕事を目指す中で、老人ホームなどでの勤務を目指してみるのも良さそうですね☆

まず自分とは違った存在であるお年寄りの気持ちを理解し、手助けをするスキルがあることは、介護の仕事に携わるうえで、とても役に立つことは間違いありません。

まずは介護の仕事の第1歩として、このサービス介助士準2級の資格を取得してみるのをおすすめします♪
さてサービス介助士準2級の資格取得方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
このように高齢者の気持ちを理解したり、日常的な手助けができるようになることは、これからの高齢化社会においては色々な意味で役に立つこと間違いないでしょう!

サービス介助士準2級 資格 取得 介助士

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

橋本ちなみ

日々刺激を受けて生きています。新しいものはとりあえず触れてみる、都内在住ライターです。

>もっとみる