出っ歯が嫌で笑いたくない。「セラミック矯正」で笑顔を取り戻す♪

BEAUTY

歯並びは、歯の健康面だけではなく、人に与える印象にも大きく関わります。横から見た時に目立ってしまったり、歯が邪魔で口を上手く閉じれないなど、深刻な悩みを抱える人は多いです。
「出っ歯が嫌で笑いたくない」と、悩んでいる人には早期治療が可能な「セラミック矯正」がおすすめ。
ここでは、セラミック矯正のメリットやデメリットをご紹介します。

出っ歯だから笑うと恥ずかしい……自信を持ちたい!

出っ歯のせいで、口元が気になって笑いたくない……。
笑顔に自信を持てないと、笑うことへの抵抗が出てきますよね。

歯列矯正は時間が掛かるし、本当に治療ができるかどうか不安になってしまい、なかなか踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

出来ることなら、短期間で治療したい!
そして、口元を気にせず笑いたい。

そんな願いを叶えるのにおすすめなのが、「セラミック矯正」なのです。

「セラミック矯正」で出っ歯の悩みを解決!

出っ歯は見た目以外にも、虫歯や歯周病になりやすいといったデメリットがあります。
そんな出っ歯の人には、手軽に矯正ができて歯垢も付きにくく、丈夫で劣化しにくいセラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正では、出っ歯部分の歯を削り、そこにセラミック歯を内側に向けて被せることで、歯の向きを変えて出っ歯を治療します。

セラミック歯による審美的な見た目が魅力で、近年出っ歯に悩む人たちに人気の治療法です。

出っ歯治療の「セラッミック矯正」は腫れや出血も少ない!?

出っ歯の場合、多くは歯列矯正をするのがベストですが、治療期間が長いというデメリットがあります。

さらに治療中はブラケット部分が目立ってしまい、食事がしにくかったり歯磨きもしづらいなど、日常生活に支障が出るのも辛いですよね。

出っ歯治療に向いているセラミック矯正なら、歯を削って被せるだけなので短期間で治療が完了します。出っ歯治療中はキレイな仮歯を付けてもらえるので、見た目を気にする必要もありません。

また、セラミック矯正の治療は局部麻酔を使用して行い、治療後も腫れや出血、痛みが少ないので、安心して治療を受けることができます。

出っ歯治療「セラミック矯正」のデメリットとは?

出っ歯治療としてセラミック矯正をするうえで、治療前に知っておきたいデメリット。

削って被せるだけのセラミック矯正ですが、歯列矯正のように上顎の骨自体を動かすことができないので、骨格的な美しさまでは手に入りません。
さらに、歯によっては神経を抜く場合もあり、歯の寿命が短くなる可能性もあります。

骨格のことを考えると歯列矯正がベストですが、軽度の出っ歯ならセラミック矯正の方が短期間で治療を行うことができますよ!

セラミック矯正は出っ歯の悩みを早期に解消してくれます。
腫れや出血も少なく、歯科治療に抵抗のある人にもおすすめです。見た目も美しく仕上がった歯で、素敵な笑顔を取り戻してみてはいかがでしょうか。