覚えておこう!美容整形の基礎知識講座♡【脂肪吸引編】

BEAUTY

「脂肪吸引」と聞くと、高額で危ない……というイメージがありませんか?
しかし、手術方法や医師の情報を事前にしっかり調べておけば、効率的に痩身できる良い手段の一つ!
実際、脂肪吸引によって人生が明るくなったという方も大勢います♪
今回は、脂肪吸引に関する基礎知識をご紹介します!

美容整形の基礎知識講座♡脂肪吸引の仕組み

脂肪吸引は、「サイズダウンしたい部分の“脂肪細胞”を吸い出して取り除く」というのが大まかなイメージ。
カニューレと呼ばれる極めて細い管を使って皮膚に穴を開け、皮下脂肪を吸い上げます。
この際、効率よく吸引するために皮下脂肪を柔らかくしたり、痛みを軽減させるために麻酔方法を変えるなど、患者の要望に合わせて脂肪吸引のスタイルを変化させていきます。

カニューレの先端には、いくつかの小さい穴が存在します。
そのため、皮膚上の小さい穴からでも広い範囲の脂肪を吸引することができるのです。

美容整形の基礎知識講座♡脂肪吸引のメリット

脂肪吸引の最大のメリットは、ずばり“脂肪を大幅に減らせること”。
しかし、脂肪吸引のメリットはそれだけではないのです。

一般的なダイエットを行うと、脂肪細胞が小さくなることで皮下脂肪が減ります。
しかし、脂肪細胞は小さくなっただけで減ってはいないので、再び暴飲暴食などをしてしまうとリバウンドを招いてしまのです。

一方、脂肪吸引を行うと、脂肪細胞を小さくするのではなく減らすことが可能です。
そのため、リバウンドの心配があまりなく、効率よく痩身ができるという点が存在します。

美容整形の基礎知識講座♡脂肪吸引のデメリット

多くの人が知っているように、脂肪吸引には様々なデメリットも存在します。

最も大きなデメリットは、術後の生活への支障です。
脂肪吸引後はダウンタイムが長く、普段通りの生活に戻るまでにかなりの時間を要します。
例えば、術後はあざができるため夏場は露出ができない、患部を圧迫することで効果を高めるため服装で仕事などに支障が出る……などが挙げられます。

他にも、高額な手術料や医師による仕上がりの差、内臓脂肪の肥満によるリバウンドなどがあります。
脂肪吸引を行う際は、長期休暇などまとまった時間が取れるタイミングが良いかもしれませんね。

美容整形の基礎知識講座♡太ももの脂肪吸引について

ここからは、パーツ別の脂肪吸引を見ていこうと思います。

太ももの脂肪吸引は、ただ吸引するだけではなく、美しい形に仕上げることが重要となります。
そのため、医師は高度な技術が必要とされ、また患者も医師選びに慎重にならなければいけないのです。

カニューレは、股の付け根やお尻の下など目立たない箇所に挿入されます。
術後はガードルなどで固定する必要があるため、服装に多少の支障が出そうですね。

自力痩せがなかなか難しい太もも。一体いくらで脂肪吸引できるの?

美容整形の基礎知識講座♡お腹の脂肪吸引について

脂肪吸引の中でも人気箇所とされている、お腹。
お腹の脂肪吸引は範囲が広いため、一か所の吸引なのか、複数個所の吸引なのかで手術方法やアフターケアが異なります。

お腹の脂肪吸引は、手術後の痛みが一番のデメリットです。
術後数日は安静で、2週間ほどかけて徐々に元の生活に戻ります。

また、極稀ですが内臓に損傷を与えてしまう可能性も。
お腹に手術経験がある方などは、術前に必ず医師に報告しましょう。

お腹のでこぼこ、消したい!最終手段の"脂肪吸引"って実際どう?

美容整形の基礎知識講座♡顔の脂肪吸引について

最近人気の、顔の脂肪吸引。
耳の下や顎の下からカニューレを挿入し、少しずつ脂肪吸引を行います。

顔の脂肪吸引は、範囲が小さいので傷跡がほぼ残らない点が非常にうれしい!
術後数日は固定バンドが必要ですが、その後は徐々に完成形に近づいていきます。

小顔の整形だと、BNLS注射(脂肪溶解注射)なども大変人気。
費用や施術時期に応じて、どちらが自分に合ってるかを考えてみて♪

どんなマッサージも効果なし。"顔の脂肪吸引"って実際どうなの?

脂肪吸引の基礎知識についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
脂肪吸引は施術箇所によって条件や術後経過が異なるので、しっかりとした情報収集が必要です!
参考にしてみてください♪