満腹になる前にストップ!食べ過ぎによるデメリット3つ

LIFESTYLE

お腹いっぱいまで食べるのは、とても幸せなことです。
でも、毎回毎回お腹いっぱいまで食べるのはどうなのでしょうか……?
今回は、食べ過ぎのデメリットを書いていきます!

〔 食べ過ぎのデメリット① 〕体調不良に繋がる

食べ過ぎてしまうことは、誰もが経験があると思います。
でも、食べ過ぎると体調不良に繋がることもありますよね。

便秘や下痢になったり、気持ちが悪くなったり……。
体が不調ということは、やはり食べ過ぎって体に良くはありません。

また偏った食品を大量に食べた場合は、特定成分の過剰摂取にも繋がります。
食べることってとても楽しいですが、体のことも考えて下さい!

〔 食べ過ぎのデメリット② 〕やる気がなくなる・疲れる

食べ過ぎると、なんだか眠くなったり、やる気が出ないということはありませんか?

また、最近疲れやすいと感じている人は、いつもお腹いっぱいまで食べていませんか?
食べ過ぎはやる気がなくなるし、疲れるし……食後の予定に支障をきたします。

食事はパワーチャージの時間。後々疲れるようなチャージの仕方はおすすめしませんっ!

〔 食べ過ぎのデメリット③ 〕お金がなくなる

食事にお金は付き物です。月の食費を計算してみると、けっこう驚く金額かも。
食べれば食べる程、お財布の中は寂しくなります。

金欠の人の中には、「口が寂しいのが苦手」と、いつも何かしら食べている人も。

ちょこちょこ食いは良いと言われていますが、度を越しているようなら、「食べる時は食べる、食べない時は食べない」と、メリハリを少し付けてみてもいいかもしれません。
食べ過ぎは、お金が無駄に減る原因となってしまうのです。

腹八分目にすると人生も変わる!?

人は、腹八分目が良いと言われています。
お腹いっぱいまで食べる生活から腹八分目にすると、①〜③のようなことも改善されます。
改善されると生活も変わってきますよ!

私自身も、腹八分目を心掛けています。
腹八分目の方が、一日あまりダラダラせず活動できて、体も軽く感じます。

習慣が変わると、人生も変わってきます☆
まずは、デメリットだらけの食べすぎる習慣を、変えてみましょう。

食べ過ぎのデメリットをご紹介しました。
食べ過ぎってこうして見ると、あまり良い事がありませんね。
腹八分目って最初は物足りなく感じますが、慣れてくれば大丈夫!