もっとラフに考えよ♪思い込みが激しい自分との付き合い方って?

LIFESTYLE

「思い込みが激しい」なんて言葉を聞いたことがありませんか?
思い込みが激しすぎると、過ごしにくい場合がたくさんあります。
今回は、思い込みが激しい自分との付き合い方を書いていきます☆

[ 思い込みが激しい自分との付き合い方① ]物事を大きくしない

思い込みが激しいと、物事を真実より大きくしがちです。

今起こっていることにだけ、目を向けるようにしましょう。
思い込みが激しいと、ちょっとした一言で相手の言葉の裏を読み過ぎたりすることがあると思います。

しかし、あまり考えずに言葉を発している人もたくさん居ます。
そんな時は、あまり気にしないクセを付けることも大切です◎
真実にだけ目を向けましょう☆

[ 思い込みが激しい自分との付き合い方② ]自分・他人主義で考え過ぎない

思い込みが激しすぎて、自分自分!となってしまうところにも気を付けたいところ。
自分を守りたい、大切にしたいという気持ちはとても大事ですが、その気持ちが強くなり過ぎて、自分自分とならないように。

その分人の気持ちを思いやることが大切ですが、思い込みが激しいと相手の言動の裏を読み過ぎてしまいがち。
他人主義になってしまうのはよくありません!

何事もバランスが大切です☆

[ 思い込みが激しい自分との付き合い方③ ]感情を観察してみる

自分の気持ちを客観的に見てみるのって大切♡

気持ちって、素直に湧いてきた感情なので、考え方とは違って変えることはできません。
なので、気持ちを変えようではなく、観察してみましょう。

客観的に感情を観察してみると、落ち着けます。
思い込みが激しいと、感情だらけでパニックに……!
でもそこから、冷静さを取り戻せばいいんです◎

[ 思い込みが激しい自分との付き合い方④ ]体に目を向ける

「思い込みが激しい自分がイヤ!」となると、心にばかり目を向けがちですが、体に目を向けてみましょう☆

心と身体って繋がっているんです。
バランスの取れた食事、適度な運動、しっかりと睡眠を取る…。
思い込みが激しい性格とは無関係のように思えますが、心がソワソワしてる時こそ、こういったことはとても大切です。

心にばかり目を向けていないで、身体もケアしてください☆

思い込みが激しい自分との付き合い方でした。
思い込みが激しいと、感動できるものがたくさんありますし、メリットはたくさんあります。
つまり、感受性が高いということ。
自分の良さを活かして、素敵な毎日を送りましょう☆