ニキビに抜群の効果!悩めるあなたは「レチノイン酸クリーム」を

BEAUTY

ニキビでお悩みの方には、レチノイン酸クリームがおすすめです。
レチノイン酸クリームの効果や副作用などについてご紹介します。

渡邊七海
渡邊七海
2021.05.17

レチノイン酸クリームがニキビ治療に役立つ!?

顔は周囲からの視線も集まりやすく、顔にニキビができてしまうと、それだけで憂鬱な気持ちになってしまいますよね。
ニキビで不潔な印象を与えてしまわないかという点も心配です。

そんなニキビはレチノイン酸クリームで改善してみませんか?

食事や睡眠など生活習慣だけでは治りにくいニキビも、適切なクリニックの治療を受ければ治すことができ、悩みからも解放されるかもしれません。

ニキビが治る?レチノイン酸クリームの効果とは?

ニキビでお悩みの方におすすめしたいのが、レチノイン酸クリームです。
レチノイン酸クリームは「皮膚の若返り薬」とも呼ばれているクリームで、ニキビの治療にも使われている、アメリカの認可を受けた治療薬です。

ニキビの他にもシミやシワ、肌のたるみの改善効果が期待されており、皮膚科や美容皮膚科で処方してもらうことができる安全性の高いクリームです。

レチノイン酸クリームには皮膚の代謝を促し、肌の新陳代謝を高める働きがあります。
レチノイン酸クリームは、ニキビの治療に効果的とされている、肌のターンオーバーを促すので、ニキビ治療の効果が期待できるというわけなのです。

またレチノイン酸クリームは、ニキビ跡にも効果があるといわれています。

ニキビが治る?レチノイン酸クリームの使用で実感できることとは?

レチノイン酸クリームは、皮脂の分泌を抑える効果によって、ニキビを改善できるだけでなく、予防も行うことができます。

またレチノイン酸クリームには、色素沈着の原因となるメラニンを排出させる作用があり、クリームを使い続けることで、少しずつニキビ跡が目立たない状態へと導いてくれます。

その他、クレーターのようになった肌の角質をはがし、表皮を厚くさせる作用も持っています。
レチノイン酸クリームを使用すると、陥没してしまっていた肌が盛り上がってくる効果も期待することができます。

ニキビが治る?レチノイン酸クリームの副作用とは?

レチノイン酸クリームには、必ずしもではないものの、副作用があります。

レチノイン酸クリームの主な副作用の症状としては、肌が赤くなる、ヒリヒリした痛みが生じる、乾燥やかゆみを感じる、皮がむけるといったものが挙げられます。
肌の角質をはがす効果があるため、どうしても外の刺激に対して反応しやすくなってしまうのです。

こうした副作用は敏感肌の人に多いのですが、およそ1~2ヶ月程度で和らいでくるといわれています。

レチノイン酸クリームを使えば、あなたのニキビの悩みも改善されるかもしれません。
ただレチノイン酸クリームは市販薬としては販売されていないため、クリニックを受診する必要があります。
それだけ効果が高いクリームということでもあるので、ニキビでお困りの場合はクリニックに相談してみましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。