どうして?友達にはアドバイスできるのに自分にはできないワケ

LIFESTYLE

友達にアドバイスをしていると、自分に対してもドキっとすることありませんか?
あ、自分もこうやってやれば解決するかも……と。
どうしてども立ちにはアドバイスできるのに、自分にはできないのか。
今回はその理由について考えていきたいと思います!

高月ルナ
高月ルナ
2015.12.26

友達へのアドバイスを自分にはできない理由① 自分のことを理解していないから

人は、自分のことは何でもわかると思ってしまいます。
そう思うから、友達や恋人のことを一生懸命理解することに努めていくわけです。
しかし、友達にアドバイスをして、自分にも気づかされることがあるということは、自分への理解不足と言っても過言ではないですよね。

友達にアドバイスをする時、相手の特徴も考えて答えを出そうとしますが、自分には絶対できないことを言う人はあまりいませんよね。
それはどこかで「自分だったら」という視点があるから。

まずは友達を理解することよりも、自分をもっと知る作業をしていきましょうね◎

友達へのアドバイスを自分にはできない理由② 安全策を取るから

聞こえが悪いかもしれませんが、友達の相談事は他人事ですよね。
自分が解決するために行動するわけではありません。

障害やデメリットをそこまで深く考えないようにします。
だからこそ、友達の無鉄砲なアドバイスで背中を押してもらえることもあるのですが……。
自分の話となると、「でも…」と言って、ついつい守りに入ってしまいます。
それが自分にはアドバイスしない決定的な理由かもしれませんね。

友達へのアドバイスを自分にはできない理由③ 自信がないから

「安全策を取るつもりはないけど、できるかどうか不安なの……。」
という人は、自信がない人。
もっと自信をもって行動すべきです。

きっと友達にアドバイスしている時は、成功する可能性を思い描いて話していますよね。
思い描ける未来は、必ず実現できると言われます。

それを自分にも当てはめた時って、うまくいっている未来が想像できますよね?♡
後は実行に移すのみ!
やってみないとわかりませんよ。

友達へのアドバイスを自分にはできない理由④ 自分を好きじゃないから

自分のことを好きではないと、自分自身にアドバイスすらしないかもしれません。
「何をやってもだめだろうから……でも友達の話は別。あの子のことは好きだから……!」
友達を大切にしているとは、素晴らしいこと。
でももっと自分のことを、好きになってください。

あなたのことを同じように思ってくれている友達が、すぐそばにいるはずです。
自分でアドバイスをできなかったら、友達にアドバイスをもらうのもいいかもしれません。

でも一番いいのは、あなた自身に、あなたオリジナルのアドバイスを贈ることです◎

いかがでしたでしょうか?
私もよく、友達にアドバイスしたことを自分でも試したくなることがあります。
それに気付けたらまずは迷わずやってみること!
そこから始めてみましょう☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。