雨に負けない!キレイな巻き髪をキープする4STEP♪

BEAUTY

近づいてきた梅雨の時期。
雨の湿気、風のせいでせっかく巻いた髪がすぐとれちゃう(泣)
なんて悲しい事態を回避すべく、巻き髪キープ法を習得しておきましょう。

キレイな巻き髪をキープする方法①「ブローは丁寧に、髪をしっかり乾かすこと」

キレイな巻き髪をキープするため、巻く前の丁寧なブローがマストです。
理由は2つあります。

1つめは、髪の毛流れを整えてツヤを出すためです。
朝起きたての髪は、寝グセでうねっていたり、髪が絡まったりしています。
ブローで髪の毛流れを整えることで、巻き髪の仕上がりが断然美しくなります。
また、熱により髪にツヤが出て、つるん♪ と美しい光沢感がでます。

2つめは、髪が濡れていると巻きが固定されない&すぐへたれてしまうから。
髪を巻く前、”巻き髪キープ剤”をつける方が多いのではないでしょうか? 
これをつけて、髪が濡れたままコテをあててしまうのはNGです。

いくらキープ剤とはいえど、髪に水分が残っていると巻きがつきにくくなります。
また、髪がすぐにへたれてしまいます。

キープ剤で髪が濡れた場合は、ブローで乾かしましょう。
この一手間が事前準備の最大のキモです。

キレイな巻き髪をキープする方法②「180度〜210度の高温で巻くこと」

髪が傷むから......と、コテを低温に設定して巻いている方! 
これでは巻きのキープ力は弱まります。

理想は、180度〜210度の高温に設定すること。
低温よりも、髪にしっかりと巻きを定着させることができます。

ただし、コテをあてすぎると髪が傷んでしまうので、素早く巻くのがポイント! 
5秒くらいあてて、コテを逃がすようにサッと抜きましょう。
こうすれば、低温で長くあてているよりもダメージは軽減できます。

キレイな巻き髪をキープする方法③「しっかり冷ましてから髪をほぐすこと」

髪を巻いてすぐにほぐすのはNGです。 
巻きは、熱が冷めてから定着するものだからです。

髪を巻いたら時間を置くか、ドライヤーで弱めの冷風をかけて熱を冷ましましょう。
それからほぐせば、巻きがへたれることなくふんわり感がプラスされます♪ 

「時間がないからすぐほぐしちゃえ!」 
なんてことにならないように、時間に余裕をもって巻き髪をつくりましょう。

キレイな巻き髪をキープする方法④「仕上げのスプレーは軽く吹きかけること」

仕上げに”ケープ”などのキープスプレーをかけている方、多いですよね。

でも、いくらキープしたいからいって、吹きかけすぎるのは逆効果です。
スプレーの重みで髪がへたれてしまい、せっかくの巻き髪も台無しになりかねません。

キープスプレーは髪から30センチほど離して、「軽く」吹きかけるのがポイントです。
さらに、髪と髪の間に吹きかけるように内側からスプレーすること! 

これで巻き髪をしっかりキープできます♡ 

・丁寧なブローをして、髪をしっかり乾かすこと
・180度〜210度の高温で巻くこと
・しっかり冷ましてからほぐすこと
・キープスプレーは軽く吹きかけること

この4点をおさえれば、キープ力はグッとアップします。
梅雨の湿気や風に負けない、美しい巻き髪をGETしましょう♪