初心者におすすめ!読んで欲しい宮沢賢治の小説4冊

LIFESTYLE

宮沢賢治といえば、教科書にも登場する有名な小説家ですね。
でも、「名前は知ってるけど、実は作品をほとんど読んだことがない」なんて人も多いのでは?
そんな初心者におすすめな、宮沢賢治の小説を4冊ご紹介します♪

辰巳リカ
辰巳リカ
2021.05.10

宮沢賢治のおすすめ小説①注文の多い料理店

 注文の多い料理店出典:www.amazon.co.jp

宮沢賢治のおすすめ小説の1冊めの紹介です♪
『注文の多い料理店』は、宮沢賢治が唯一生前に出版した短編童話集で、とても読みやすい作品です。

森に狩猟にやってきた2人の青年が道に迷い、「西洋料理店 山猫軒」という看板を見つけて、店に入ります。
しかしその店には店員らしき人はおらず、ただいくつもの「注意書き」だけが・・・。

大人の怖い童話のようなお話で、どんどんのめり込んでしまいますよ♪
素敵なイラストの絵本も数多く出版されているので、絵を楽しみながら読むのもおすすめです。

注文の多い料理店

¥616

販売サイトをチェック

宮沢賢治のおすすめ小説②銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜出典:www.amazon.co.jp

宮沢賢治のおすすめ小説、2冊めです!
『銀河鉄道の夜』は、発表以後たくさんの分野に影響を与えた、宮沢賢治の代表作のひとつです。

漫画やテレビアニメでおなじみの「銀河鉄道999」や「ドラえもん」、音楽の分野では「イーハトーヴ交響曲」など、宇宙への憧れや夢をそれぞれに表現しています★

貧しく孤独な少年ジョバンニが、親友カムパネルラと銀河鉄道に乗って旅をしながら、「生きる意味」を見つけていくストーリー♪
読み終えた後は、静かに星空を眺めたくなるような、おすすめの小説です♪

銀河鉄道の夜

¥288

販売サイトをチェック

宮沢賢治のおすすめ小説③風の又三郎

新編 風の又三郎出典:www.amazon.co.jp

宮沢賢治のおすすめ小説、3冊めは「風の又三郎」です♪

田舎の小さな小学校にやってきた謎の転校生、高田三郎。
地元の子供たちは、伝説の風の神「風の又三郎」ではないかと疑います。
半月足らずで風のように去って行った三郎との、強烈で不思議な思い出・・・。といったストーリーの小説です!

子供の頃、転校生を迎えた経験や、また自分自身が転校生として新しい学校や友達と出会った経験があったら、とても懐かしく、そしてちょっとセンチメンタルな気分になる小説です。

風の又三郎

¥562

販売サイトをチェック

宮沢賢治のおすすめ小説④雨ニモマケズ

雨ニモマケズ出典:www.amazon.co.jp

最後にご紹介する宮沢賢治のおすすめ小説は、「雨ニモマケズ」です☆

「雨ニモマケズ/風ニモマケズ」から始まるこの作品、実は宮沢賢治が亡くなった後に発見された手帳に書かれた、メモだったのです!
有名な詩なので、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
もう一度あらためて、じっくり読んでみることをおすすめします♪

「サウイウモノニ/ワタシハナリタイ」・・・自分はこれからどんな人になりたい?と、素直な気持ちで考えられそうですよ。

雨ニモマケズ

¥360

販売サイトをチェック

岩手県生まれの宮沢賢治は、37歳という若さでこの世を去った後に、多くの小説や作品が発見され、一躍国民的な作家になりました。
そのため、賢治が手にした原稿料は、『雪渡り』という童話で得た、5円だけだったそうです。
豊かな自然と農業で育まれた、純粋で感性あふれる宮沢賢治の小説は、きっとあなたの心をピュアにしてくれますよ♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。