女に「YES」と言わせるデートの誘い方!ポイントを押さえて♪

LOVE

好きな子をデートに誘いたいけれど、断られるのが怖くて誘いづらい。
そう悩んでいる方に、絶対デートのお誘いを断られない、むしろ喜んで「YES」と言ってもらえる誘い方をご紹介します。

デートに誘うテク① ディナーデートならケチらず高級店をチョイス!

あなたのことを恋愛対象として見なしていない女性にとって、映画や遊園地、カフェに誘っても迷惑なだけです。
わざわざデートで異性と行かなくてもいい場所を提案されても、魅力的ではありません。

そんな女性が惹かれる場所。それは自分では滅多に食べようと思わない「高級料理」。

たとえ男性との会話がつまらなかったとしても、美味しいと有名な料理を食べることができたならデートをしてよかったと思えるのです。

「○○っていうお店に行きたいんだけど、一緒に行ってくれないかな?」と食べログのURLを送り、あえて価格を提示してデートにお誘いしましょう。

デートに誘うテク② 好きな人の趣味にまつわる場所を提案する

好きな人のTwitterやFacebookを見れば、なんとなく趣味趣向が見えてくるはずです。

スポーツが好きなら、彼女の好きなスポーツ観戦へ誘いましょう。
映画鑑賞が好きなら、話題の映画チケットをちらつかせて。
ワイン好きなら、遠出をしてワイナリーへ……。

好きなことの延長戦なら相手も「デートしている!」と気負うことなく、喜んで「YES」と言えるのです♡

デートに誘うテク③ 「都合のいい場所まで迎えに行くから!」と王子様対応

興味の無い相手とのデートで特に面倒くさいと感じてしまうのが、場所の移動です。

特にお家とデートスポットが遠い場合、「行きたくないな……」と思ってしまうのです。

どうしてもデートがしたいなら、車を借りるかタクシーを使いましょう。

「○○ちゃんの都合のいい場所まで迎えにいくね!」と言えば、ただあなたに委ねればいいだけなので移動する手間が省けて楽だと感じるのです。

デートに誘うテク④ 究極のひと言は「1回だけでいいのでデートしてください!」

どんなに冷たい女の子だって、人間としての情を持っています。

素直に謙虚に「1回だけでいいので僕とデートしてください!」とお願いされたら、「可愛いなあ」「仕方ないなあ」と思ってしまうものです。

「なんで女の子って上から目線なんだよ……何様なんだよ……」と怒る理由もわかりますが、有名企業の社長さんだって実は女性へのデートのお誘いは謙虚にしているものなんですよ。

絶対にデートをしたいなら、下から下からお誘いしてみてくださいね♡

これでも、デートに誘ったらダメだったよ!ってあなたは、「生理的に無理だった」ということで、諦めてさっさと違う子にロックオンしちゃいましょう。
百発百中のデートお誘いポイントは、「女性を立てること」です。