一流は先回りできる人。“お仕事できます女子”の優秀テク4つ

春になり、仕事上での責任が増えたり、後輩社員ができたという方も多いかもしれないですね。
仕事をする上で、やはり目指したいのは一流の仕事ができる女性ですよね。
仕事を一流にこなすことは、なにも難しいことではありません。ちょっとの工夫で一流になれる!仕事テクニックをご紹介します。

一流にこなしたい♡仕事テクニック①先回りして行動する

一流の仕事ができる人というのは、相手よりも先回りができる人です。

例えば、プレゼンテーションでは相手が望む以上の提案ができたり、相手の不安要素を先回りして解決していきます。
接客業などでも、相手が期待している以上の提案ができ、満足感を与えるのです。

相手が望む以上の提案ができるのが一流のビジネスパーソン。
ですが、これが二流だと相手の想像の範囲内で可もなく不可もなくといった仕事内容になってしまうのです……。

先回りした行動を考え、実行できるよう、常に意識してみましょう♡

一流にこなしたい♡仕事テクニック②自分のミスを報告するときは、解決策も!

一流の仕事ができる人でも、ミスはします。
ですが、このミスをどのように報告するかによって、一流か二流か分かれるのです。

自分のミスを報告するときは、嘘や隠し事をしないのは鉄則!
そして一流の仕事をする人というのは、自分のミスを正確に報告するだけでなく、そのミスの解決策が提案できるのです。

解決策をどう実行するかを決めるのは上司ですが、一流の仕事をする人は、自分のミスは自分で解決していく大人なのです。

二流になると、ミスの報告は正確にできるのですが、指示を待つだけになってしまいます。
さらに言えば、自分のミスを隠そうとするような人は三流といってもいいでしょう。

一流にこなしたい♡仕事テクニック③仕事の管理も先回りできる

社会人として仕事をするのであれば、決められた期日までにキチンと仕事を終わらせることは当たり前ですね。

一流の仕事ができる人は、さらに先回りをしています。
期日内に仕上げることは当たり前にこなし、さらに、その先に待ち構えていそうなことを発見して、未然にトラブルを回避していたりします。

仕事を自ら提案し、次のタスクを先回りして予想し、備えることができれば完璧です♡

一流にこなしたい♡仕事テクニック④相手を想い、クレームも一歩先をいく対応をする

どんな仕事でもクレームやトラブルというのは、つきものですね。
クレームになったときや取引先とのもめ事など、相手を想う行動で一歩先を行くのが一流なのです。

まず相手の立場に立ち、相手の言い分を丁寧に聞くのは当たり前にしたいことです。
一流を目指すのであれば、相手が思っていた以上の対応ができ、提案できることです。

相手の本心や、こうして欲しかったのに……という心の声を聞き出し、形にしていくのが一流の仕事ができる人です。

そしてトラブルの後でも、自分のファンを増やしていくのが、一流の仕事ができる人なのですね。
一流の仕事ができる人というのは、他人よりもちょっと先回りをしたり、相手がどのように感じているかを把握することができる人です。
このような気配り目配り心配り……というのは、女性が得意とするところでもありますね。
仕事ができる人!と一目置かれたいなら、ぜひ実践してみてください♡

【関連記事】しっかり申請できている?「残業代」に関するルールをおさらい!

日本人の多くが悩む「残業」は、過労死などの問題でも最近特にフォーカスされている問題です...

一流 仕事 テクニック

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

つぼいまりこ

つぼいまりこ
美容、モテ、節約、インテリアなど、幅広く興味を持っています。
女性ならで…

>もっとみる