私の悩みは朝起きられないこと。原因と改善方法とは?

ぱっと目を覚ましたいと思っているのに、どうしても朝起きられないと悩んでいる人って意外と多いのではないでしょうか?起きられない原因がわかれば改善の余地があるはず♪
自分に当てはめながら読んでみてくださいね!

朝起きられない原因①眠りの質の低下

人は眠りの最中に“レム睡眠”と“ノンレム睡眠”を繰り返しています。
レム睡眠は浅い眠りの状態、ノンレム睡眠は深い眠りの状態を指しますが、ノンレム睡眠の際に睡眠の質が低下してしまっていると、朝起きられなくなってしまうんだとか。

睡眠時間は足りているのに、目覚められないという悩みを持っている人は、実は眠りの質が低下しているのかもしれません。

朝起きられない原因②セロトニン不足

セレトニンとは体内で特に重要な役割を果たしているものの一つで、「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」などと並ぶ三大神経伝達物の一種なんだとか。

人間の精神面に大きな影響を与えており、これが不足してしまうと夜になってもなかなか寝付けなくなったり、朝になってもスッキリとした目覚めができなくなってしまうそうですよ。

朝起きられない原因③体内時計の乱れ

体内時計にズレが生じてしまうと、朝になっても体が朝だと感じていないため起きることができないんです。

体内時計のズレは朝起きることができないだけでなく、同時に夜眠れなくなることが多くああります。
いつまでも体内時計がズレたままで問題が解決されずに、朝スッキリ目覚められない日々が続いてしまいます。

朝起きられない時の改善方法①規則正しい生活

規則正しい生活を送るというのは、簡単そうで意外と難しいですよね。

朝食をしっかり摂り、0時までには布団に入り毎日決まった時間に起きるなど規則正しい生活を送ることで体内時計の乱れを改善してくれて、目覚めがよくなるはず。

簡単なようで難しいことではありますが、規則正しい生活を送ることはその日一日の生活を左右することにもつながります。
行動に移していくことが大切ですよ♪

朝起きられない時の改善方法②セロトニンを増やす

セロトニンを増やすために必要なことは朝日をしっかりと浴びるようにしたり、適度な運動を心がけること。

朝起きて日差しを浴びずに、出かける用意をしてしまっている人は、しっかりとカーテンを開けて朝日を浴びるようにしましょう。
運動不足と感じている人は、一駅分歩いてみたりエスカレーターではなく階段を使うようにしてみましょう。
セロトニンを増やし、目覚めを良くしてくれますよ♪

朝起きられない時の改善方法③質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠をとるためには、夜に交感神経を刺激してしまうような習慣はNG。
具体的には、寝る直前までスマホやパソコンをいじっている、寝る直前まで食事をしている、お酒を飲んでいるなどがあげられます。

また、ストレスによっても眠りの質が低下してしまうこともあります。

ストレス以外は、自分の気持ち次第ですぐに改善することができそうです。
心当たりがあるのならすぐに試してみましょう。
いかがでしたか?朝目覚めたいのに目覚められない悩みは多いですが、
行動に移さなければなにも始まりませんよね。原因を見つけてしっかり改善していきましょう♪

【関連記事】明日はぜったい遅刻できない!働く女性の「寝坊対策法」4つ

遅刻をするのはいけないことですが、初デート日や仕事の勝負どきは特に、寝坊できませんよね...

起きられない 改善 悩み

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

ゆり

女子大生サークルL'Allure

>もっとみる