その肌荒れ、胃腸荒れが原因かも。肌荒れの基本知識6つをおさらい!

BEAUTY

「肌が荒れた……」と思った時に見直したい、知っているようでよく知らない、肌荒れの基本知識をご紹介します。肌荒れの原因を知って、予防・改善に努めましょう♡

肌荒れの基本知識①暴飲暴食

食べ過ぎやお酒の飲み過ぎは胃腸を荒らし、肌荒れに繋がるといわれています。

食べ物をたくさん食べると、消化にエネルギーをたくさん使うことになります。
その結果、その他の部分にエネルギーが回らず、傷の修復が遅くなったり肌が荒れたりすることがあるのだそう。

また、消化不良で発生した毒素が肌へも悪影響を及ぼし、ニキビや吹き出物の原因となる可能性が。
食べ過ぎた次の日には、胃腸休めをすると◎

肌荒れの基本知識②ストレス

過度なストレスは肌荒れの原因となります。

ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱して、体全体の不調を招きやすくする上に、免疫力が低下してしまいます。
免疫力が低下すると、外部刺激を受けやすく、更に肌荒れの一因になることも。

ストレスフリーな生活を心がけることが美肌のためには必要といえそうです。

肌荒れの基本知識③季節の変わり目

季節の変わり目には、気候や気圧、気温の変化などによって体のバランスが崩れてしまい、その影響で肌が荒れやすくなることが。
特に気温差によって体が受けるストレスはとても大きく、そのストレスが原因で肌が荒れてしまうこともあるそうです。

また、皮膚は外気の影響を受けやすいため、花粉や黄砂、PM2.5などが肌に汚れとして付着して刺激になってしまうことも。

季節の変わり目には、規則正しい生活でなるべく体やこころのストレスを軽減してあげましょう。

肌荒れの基本知識④乾燥

乾燥は肌を荒れさせる大きな原因のひとつです。

秋・冬の空気が乾燥する季節はもちろん注意が必要ですが、意外と乾燥しやすいのが夏。
夏は外が暑いのでエアコンのある場所に籠もりがちですよね。
エアコンがガンガンにかかっていると空気は乾燥して肌の水分がどんどん無くなってしまいます。

その上、体が冷えて血行不良になると、血液が循環せず、肌荒れの一因となります。
しっかりと保湿ケアをすることを心がけましょう。

肌荒れの基本知識⑤汚れ

意外と肌荒れの原因として忘れがちなのが、汚れ。

常に私たちはメイクをしている時、顔に汚れをつけているようなものです。
そのため、1日の終わりにはしっかりとメイクオフする必要がありますが、メイクを落としきれていない場合があります。

特に唇や目の周りは、落としきれなかったメイクが残って荒れてしまいがち。
頬や鼻周りだけでなく、顔全体の汚れを落とすことが大切です。

また、ベットカバーや枕カバーもこまめに洗濯することをおすすめします!
どんなに綺麗に顔の汚れを洗い流したとしても、睡眠中に汚れが付着してしまったら勿体ないですよね。

特に睡眠中は、無意識のうちに顔をベットに擦り付けている可能性があるので、睡眠環境は衛生的に保つのが大切だといえます♪

肌荒れの基本知識⑥睡眠不足

睡眠不足は自律神経やホルモンバランスを乱し、肌荒れの原因となる可能性があります。

特に、肌のターンオーバーにも深く関わりのある成長ホルモンの多くが分泌されるのは、夜22時〜深夜2時の間。
この時間に睡眠を取れていないと、肌のターンオーバーが正常に働かずに肌のコンディションを悪化させる元になるかもしれません。

また、起きている間中スマホをいじっているのなら更に注意。スマホのブルーライトは、肌を錆びさせる活性酸素を生成する原因にもなるそうです。

肌のことを考えるのであれば、早めにスマホを置いて眠りに就くことが得策です♪

肌荒れの基本知識6つ、いかがでしたか?
肌荒れを繰り返さないようにこれらの原因を見極めて、しっかりケアしましょうね♡