実は冬よりも深刻!?夏の乾燥を防ぐウルウル保湿ケア♪

BEAUTY

夏は湿気もあるし、汗もかくからスキンケアはさっぱり系が好き!という方も多いはず。
しかし、夏はうっかりあびた紫外線の影響もあり、肌が冬よりも乾燥していることも……。
今回は、そんな夏にぴったりの保湿ケアをご紹介します。

夏のスキンケア、間違っていませんか……?

夏は肌がベタベタしてしまいますし、さっぱり系のケアで済ませたいと考えている方も多いはず。

確かに皮脂の分泌も冬に比べて活発になりますが、化粧水による保湿ケアは冬と同じくらいしっかりしないとダメなんです!

表面が脂っぽいからといって、スキンケアを適当にしていると、肌の内部が乾燥してしまうインナードライ状態になってしまうことも……。

それを防ぐためにも、しっかり保湿ケアをしていきましょうね♪

夏の保湿ケア:大切なのは、水分!

夏の保湿で大切なのは、とにかく水分!

化粧水や乳液をせずにそのままの状態でいると、インナードライ肌になってしまいます。

その結果、肌を乾燥させないように皮脂がたくさん分泌され、ニキビなどもできやすく、トラブルの多い肌になってしまうことも……。

ですので、いつもの『化粧水→乳液』のステップをしっかりして、インナードライ肌になるのを防ぎましょう。

夏の保湿ケア:ケアアイテムは、おしみなく使えるものがおすすめ♪

引用:kikumasamune.co.jp

最近いろんなところで目にするこちらの日本酒の乳液。なんと日本酒で有名な菊正宗が作っているんです!

このシリーズ、「日本酒の化粧水」、「日本酒の化粧水 高保湿」、「日本酒の乳液」がメインで、他にも美容液や洗顔料、メイク落とし、フェイスマスクなどが現在発売中。

その中でも特におすすめしたいのが、「日本酒の化粧水 高保湿」タイプ!
500mlも入っているのに1,000円以下で、ドラッグストアで買えちゃう手軽さが魅力的ですよね♪

実際に私も気になって使ってみたのですが、かなりのコストパフォーマンスでした♡

朝晩たっぷり使って、コットンパックをしても3カ月はもちます!
日本酒の香りが苦手な方は、テスターで香りをチェックしておくのがおすすめです。
ですが、日本酒の香りは使っているとすぐになくなりますよ♪

夏の保湿ケア:保湿ケアをするときは、どれくらいの化粧水の量がいいの?

化粧水の使用量って、本当に個人差があるんです。
生まれつき水分をためこみやすい肌の人もいれば、その逆の人もいます。

ですので、一概に「これくらいがベスト」とはなかなか言えません。

しかし……実は、ちゃんと肌がうるおっているかどうかをチェックする方法があるんです。

化粧水、乳液をつけたあとに、手の甲でほっぺたに軽く触れてみてください。もしひんやりと感じられたら、それは「お肌が十分潤っていますよ」というサインです♡

夏のインナードライを防ぐためにも、化粧水での保湿をしっかりしてくださいね♪