付け焼刃で恥をかく前に。雑談・コミュニケーション力を鍛える方法

LIFESTYLE

冬の時期はなにかとパーティーがあったり、クリスマスがあったりと仕事でもプライベートでも、コミュニケーション力が試される場が多くなりますね。
そんなときに使える、雑談力、コミュニケーション力を高める方法をご紹介します。

忘年会やパーティーで、きちんとコミュニケーションがとれますか?

冬のこの時期は、忘年会やパーティー、クリスマスなどでコミュニケーション力や雑談力が試される機会が多いですね。

コミュニケーション能力は、恋愛でも仕事でも大切なものです。

いつも話が盛り上がらない、なんだかいつもつまらない、と思い当たることがあるなら、一度自分の話し方を見直してみませんか?

雑談・コミュニケーション力を上げる方法①相槌のパターンをつくる

大勢が集まる忘年会やパーティーなどのシーンでは、話し方もそうですが相槌をしっかりと打てるか、ということがポイントになります。

話を聞いている、興味がある、とわからせる相槌の打ち方は、「さすがですね」「知らなかったです」「すごいですね」などがあります。

相手に興味を持って相槌を打つことが大切で、相槌によって話をさらに聞き出すように誘導することが重要です。

雑談・コミュニケーション力を上げる方法②ネタは用意するもの

会話では、相槌だけでなく自分が話さなくてはいけないときもありますね。

そのときに必要なのが、話し方や雑談力になります。

自分が話さなくてはいけないときのために、話のネタを用意していきましょう。いつも話が面白い人、というのは常に話のネタをこっそりと用意しています。

特別面白いネタがなくてもいいので、困らないようにちょっとしたネタは持っておきましょう。

雑談・コミュニケーション力を上げる方法③声のトーン、ゴールを作って話すことがポイント

自分が話すシーンになったら、まず気を付けたいのは声のトーンです。
低い声でぼそぼそと話さず、はきはきと地声よりも少し高いトーンで話すことが大切です。

また、話にはゴールを作って話すことが大切です。
だらだらとゴールのない話をするのは、聞くほうも辛いですし、自分もなにがいいたいのかわからなくなりがちです。いわゆるオチのある話し方を心掛けてみましょう。

いかがでしたか?
相槌や話し方などのコミュニケーション力や雑談力は恋愛のシーンでも、仕事の場面でも身に着けておくと役に立つものです。
今一度、自分の普段の話し方を見直し、より好印象を与えられる話し方をマスターしてみたいですね。