コーヒーで美容が叶うって本当?クロロゲン酸の驚くべき効果とヒミツ♡

最近、美容のプロたちの間で話題となっているのが「クロロゲン酸」という成分です。
あまり聞きなれない成分なので、一体どんな美容効果があるのか気になりますよね。

そこで今回は、クロロゲン酸が注目されているヒミツに迫ります♪

美容のプロも注目しているクロロゲン酸とは?

最近美容のプロたちの間で話題となっている「クロロゲン酸」ですが、皆さんは耳にしたことがありますか?

クロロゲン酸とは、コーヒー豆に含まれているポリフェノールの一種。
「昔の人が摂取していた飲料には、何かしら身体にいいものが含まれているに違いない」という発想から、茶葉やコーヒー豆を調べるようになったのだとか。

その結果、クロロゲン酸はコーヒーの渋味や苦味といった雑味の原因物質といわれていましたが、ドイツの製薬会社によってクロロゲン酸が持つ様々な効能が明らかにされたんです。

その後は、糖尿病や肥満の予防のための素材として、利用されるようになったそう♪
健康面でいい効果を期待できるクロロゲン酸ですが、美容面では一体どんな効果を期待することができるのか、早速見ていきましょう!

クロロゲン酸による美容効果①血管力がアップする

クロロゲン酸による嬉しい美容効果として、まず注目したいのが「血管力がアップする」ということです。
血管力とは、抹消の血流を調節する力のこと。
私たちの身体は、栄養や酸素がスムーズに運ばれることで、皮膚の修復や再生を盛んに行うことができるんだそう。

しかし、血管力が低下してしまうと、栄養や酸素をスムーズに運ぶことができなくなってしまい、肌荒れをひき起こしたり、スキンケアを丁寧にしていても改善されなかったりと、さまざまな肌トラブルを抱えてしまうのだとか。

特に、ストレスが多かったり、睡眠の質が悪かったり、冷え性で悩む方は血管力が低い傾向にあります。
クロロゲン酸を摂取することで、血管力がアップし、全身のめぐりがよくなって必要な場所に栄養や酸素を運んでくれるそうですよ♡

クロロゲン酸による美容効果②美肌効果がアップ

クロロゲン酸には、栄養や酸素を運ぶために必要な血管力をアップさせる効果があるんですね。
つまり、美肌を保つために必要な栄養もしっかり届けることができるようになるので、美肌効果を期待することができます。

顔の肌はもちろんですが、特に嬉しい美容効果は“潤いが不足しがちな末端にまで、栄養や酸素を届けやすくなる”ということです。
ハンドクリームを塗っていてもささくれができてしまったり、ボディクリームを塗っていてもかかとにひび割れが起こってしまったり、保湿していても唇の皮がむけてしまったりと、そんな経験はありませんか?

その場合、いくらケアをしていてもなかなか改善することができません。
日々のケアも大切ですが、根本の原因となる血管力の低下を改善することが美肌への鍵となりそうですですね♪
クロロゲン酸であれば、外側からのケアが難しくても、内側から美肌を育むことが期待できますよ♡

クロロゲン酸による美容効果③エイジングケアができる(抗酸化作用)

続いてご紹介するクロロゲン酸の美容効果も、女性にとってとても嬉しい効果です。
それは、アンチエイジング。

私たちの身体は、免疫力の低下や酸化ストレスの増加、細胞機能の低下、ホルモンレベルの低下、炎症の慢性化などによって“身体が錆びる”、“身体が酸化する”と言われています。
身体の錆びや酸化は老化に繋がり、年齢を重ねるとともに感じやすくなっていくので、実際に「シワやシミ、たるみが気になるようになった」という女性も多いのではないでしょうか?

この老化を少しでも防ぐためには、錆びや酸化を防ぐ必要があります。
そこで活躍してくれるのが、活性酸素を抑える働きがある“抗酸化作用”です。
抗酸化作用は、ビタミンAやビタミンCなどに含まれているのですが、ポリフェノールにも含まれています。
つまり、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸にも抗酸化作用があり、老化を防ぐ働きを期待することができるんですよ♪

クロロゲン酸による美容効果④ダイエット効果

クロロゲン酸には、脂肪の蓄積を抑える働きがあり、脂肪肝を予防する美容効果があるともいわれています。

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が溜まった状態のことを表し、メタボリックシンドロームにも繋がるといわれています。この状態を放置してしまうと、肝炎などの病気を引き起こす可能性もあることから、事前の予防が重要視されているそうです。

クロロゲン酸がなぜ「脂肪肝を予防する効果がある」といわれているのか、それは肝臓内で脂肪をグルコースに変換する酵素を抑制し、糖分の代わりに脂肪をエネルギー源として利用させる働きがあるこからだそう。
肝臓中の余分な脂肪をエネルギーに変換してくれる働きが期待できるので、ダイエッターや健康を気にしたい女性にとって心強い存在になってくれそうですね。

クロロゲン酸によるその他の効果

クロロゲン酸には、まだまだ嬉しい効果を期待することができます。
それがコチラです。

・コレステロールを抑制
・血糖値の上昇を抑制
・糖分の吸収を遅らせる
・胃液分泌を増やす作用
・糖尿病を予防する

これらのことから、クロロゲン酸は非常に魅力的で、美容面でも優れた成分であることが感じられますね。

クロロゲン酸の摂取方法は?

これだけ嬉しい美容や健康の効果を期待できるクロロゲン酸ですので、早速意識して摂取したいですよね。
クロロゲン酸は何で摂取すればいいのか気になるところですが、食事やサプリメントで簡単に摂取することができます。

クロロゲン酸を多く含む食品はコーヒーですが、下記の食品にも含まれています。
・さつまいも
・じゃがいも
・ヤーコン
・なす
・ごぼう(皮の表面2~3ミリのところに集中して含まれている)
・りんご
・プラム

コーヒーが苦手な女性でも、野菜や果物から摂取できるのは嬉しいですね。

クロロゲン酸による副作用はある?

手軽に摂取できるクロロゲン酸ですが、嬉しい美容効果だけでなく、下記のような副作用もあります。
・ミネラルの吸収を妨げる
・胃液の分泌を活発にする働きによる胃痛
・腸のぜん動運動を押さえる働きによる便秘

しかしこれらは、クロロゲン酸を過剰摂取した場合に起こることだそうです。
普通に摂取している程度であれば問題ありませんが、「コーヒーを飲むだけでいい」「サプリメントを飲むだけでいい」という考えから、いっぱい摂取してしまう女性が少なくないんだとか。

どんなことにも言えますが、いいものでも“摂りすぎはよくない”です。
コーヒーは1日に3杯程度にする、サプリメントは用法容量を守るなど、摂りすぎには注意して、クロロゲン酸の効果的に摂取しましょう。

おすすめのクロロゲン酸食品▶花王 ソフィーナiP クロロゲン酸 飲料

www.amazon.co.jp

クロロゲン酸を気軽に摂取できる方法として、サプリメントも挙げられますが、花王(かおう)のソフィーナiP クロロゲン酸 飲料も人気があります。

飲料のよさは、サプリメントよりも身体への吸収率がいいことです。
サプリメントは溶けるまでに少し時間がかかることもあるので、飲料のほうがおすすめ!

そしてソフィーナiP クロロゲン酸 飲料は、ノンカフェインなので夜でも安心して飲むことができます。
22時~2時は美容のゴールデンタイムといわれているので、寝る前に飲みたくなりますね。フルーツブレンド味なので、飲みやすいのも嬉しい♪

花王 ソフィーナiP クロロゲン酸 飲料 100ml 1箱10本入

¥4,104

販売サイトをチェック
女性に嬉しい美容効果だけでなく、健康面でも嬉しい効果が期待できるクロロゲン酸のヒミツについてご紹介させていただきました。
ポリフェノールは注目されていましたが、これからは“クロロゲン酸”として注目を浴びること間違いなしの成分です。
コーヒーや野菜、時にはサプリメントに頼りながら、内側から美肌と健康を育んでいきましょう♪

【関連記事】自宅で簡単に作れます♡海外で話題の「コーヒースクラブ」に迫る!

海外で人気の美容アイテム「コーヒースクラブ」を知っていますか?体全身に使え、美容効果が...

クロロゲン酸 美容 効果

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる